江戸時代、時の鐘

江戸時代、時の鐘
 佐藤雅美(まさよし)さん久々の「八州廻り桑山十兵衛」シリーズ。(文春文庫)734円。
佐藤さんの本は時代考証の正確さに定評がある。
江戸時代、時の鐘
 「超高速!参勤交代」シリーズ。(講談社文庫)各810円。完全なエンタメ。映画化もされた。体調不良で睡眠を優先していたので、読んでは寝、読んでは寝していた。そういう時に最適。「リターンズ」は要らなかった気もする。
江戸時代、時の鐘
 今日、近くの神社の夏越祭(なごしまつり)だった。茅(ち)の輪をくぐり、体代(かたしろ)にお金を添えてお参りしてきた。案内役の人がいて色々説明してくれた。
江戸時代、時の鐘
 神社の猫。人懐っこい。
江戸時代、時の鐘
 セミの抜け殻が庭のあちこちに見られる。喧(やかま)しくなるぞ。





  江戸時代、時の鐘


 佐藤雅美さんの本は時代考証に定評がある。江戸時代の人々の生活がよく分かる。『関所破り定次郎 目籠(めかご)のお練り』から抜粋してご紹介します。


.......... ..........


 「ここいらはもともと時の鐘がなく、遠く多摩川を渡ってくる目黒不動尊の鐘や池上本門寺の鐘で時刻を知るという塩梅でした。とはいえ、聞こえるのはたまにですから当てにはなりません。時の鐘がないというのは不便なものです」

 「当村は矢倉沢街道の御伝馬の継立場(つぎたてば)で、何刻に馬何匹、人足何人を手配しろと先触(さきぶれ)がしょっちゅうあります。ですが、時の鐘がないものですから、刻限どおりに手配するのがとても難しい」

 「またたまに〝刻付(こくつき)の御用状〟が送られてくることもあります」

 「ですが、そもそも時刻が分からない。当て推量で時刻を書くものですから、後で、いいかげんに書くものではない、不届きであるとお叱りをこうむることもあります。当村はまた川崎宿の助郷(すけごう)村でもあります」
 川崎宿で人馬が不足するとき、川崎宿から馬を何匹、人足を何人だせといってきて、それに応じるのを助郷といった。

 「こちらを夜明け前に発たねばならないような助郷を命ぜられることもしばしばあります。ですが、夜明け前となるといよいよ時刻が分からない」
 助郷は無料。代価は払われない。百姓にとって助郷は年貢につぐ苦役(くえき)だったのだが、そのうえあれこれ文句をつけられるほど間尺に合わないことはない。

 「幸いというか、光昌寺に梵鐘(ぼんしょう)がございました。そこで、八年前に中村八太夫様にお願いし、曾我豊後守の御下知(ごげち)があって時の鐘を撞かせていただくことになりました」
 中村八太夫はここいらを支配する代官。曾我豊後守は十兵衛も直接指示を受けることのある公事方(くじかた)勘定奉行の1人。

 「時の鐘というものは夜中でも一刻おきに撞かねばならず、鐘撞人を常雇いしたりしなければならないから、とにかく金がかかる。鐘楼堂(しょうろうどう)を設け、鐘撞人を住まわせる鐘撞家(かねつきや)を建て、鐘撞人を常雇いして給金を払わねばなりません。また時刻を知るには時計を買い、季節に合わせて時計を調節しなければありません」

 この時代は日中も夜中も六等分して時間を決めた。おなじ一刻でも長日(ちょうじつ)のときは昼は長く夜は短く、短日(たんじつ)のときは昼は短く夜は長くと大きく違った。時計は時計師によってのべつ調節してもらわねばならなかった。

 「それらもろもろにかなりの金がかかります。とくに給金、時計の調節費などは毎年かかるものですから、年々相応の金を工面しなければなりません」

 「そこでわたしが世話役になって、〝永代(えいたい)時の鐘相続講(そうぞくこう)〟なる講をくわだてました」

 「講の仕法(仕組)は?」 
 「子(講員)は五百人。一回の掛け金は一人一分(四分の一両)。年に四回の開催で、十回で満期というものです」 
 「一回に集まる金は百二十五両。総額で千二百五十両」
 「講元の懐にはいくら入った?」
 「四百四十両です」
 「ほぼ三割五分を撥ねたことになるわけだ」

 「一等はいくらにした?」
 「十八両です。スカはありません。誰でも最低一朱(いっしゅ)は当たるようにしておきました」(一朱は一分の四分の一)。
 「ですから、講には毎回、ほぼ全員が参加し、参加できないものは代(代理)を寄越しました。時の鐘ができてみんなが恩恵をこうむることでもあり、界隈の者は喜んで参加しました」

 「鐘撞人の給金や時計の調節費など、毎年相応に金がかかります。そこで、八十両を本堂の修復に充て、鐘楼堂と鐘撞家をそれぞれ三十両と十五両とをかけて建て、五十両を予備費として残し、あとの二百六十五両で一町六畝(せ)五歩の田を買いました」

 「鐘撞人の給金や時計の調節費などは一町六畝五歩の田から作徳(収穫)を当てるわけですから、事は順調に運びました」


..........................................................................................................


(感想・意見など)
 
 現代のわれわれが、いかに恵まれているかが分かる。


以上

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター