刺繍をする守衛さん

刺繍をする守衛さん
 日本経済新聞17年6月26日「文化」欄。
刺繍をする守衛さん
 先日、ゆめタウン高松のL.L.Bean(エルエルビーン)に買い物に行ったら、面白い車が来ているからスターバックスの前に行ってみて下さい、と勧められた。
刺繍をする守衛さん
 この種のクルマは5歳ごろのカバヤ製菓のカバ以来。輪投げならぬブーツ投げを勧められ投げたら、見事ストライク。2割引きのクーポン券とL.L.Beanのステッカーをくれた。





  刺繍をする守衛さん


 日本経済新聞の最終面は「私の履歴書」「文化」欄。2017年6月の「私の履歴書」は香川県とも馴染みの深い谷口 吉生(よしお)さん。「丸亀市猪熊(いのくま)弦一郎現代美術館」や「香川県立東山魁夷(ひがしやま・かいい)せとうち美術館」を設計した。最近の仕事としては「GINZA SIX」がある。

 「文化」欄は、それこそ様々な人々の営みがうかがえる。6月26日の美術家・奥村 綱雄(つなお)さんの回も面白かった。それにしても色々な人生があるものである。抜粋してご紹介します。


........... ..........


 奥村さんは、美大卒業後、グラフィックデザイナーとして働き始めたが、自分の作品をつくるための時間がない。そこで30歳ごろから夜間警備の仕事をするようになって25年が経つ。

 最も多い勤務体系は平日午後5時から翌朝8時まで。職場に着くと制服に着替え、3~6時間おきに建物を巡回する。監視カメラのモニター画面を眺めている時間が作品の制作時間。その間も設備異常への対応などでやることは多く、勤務中に制作できる時間は限られるという。

 作品は刺繍で作る。1日の作業量は5時間が限界。新書のブックカバー大の作品を仕上げるのに平均1年かかるという。これまでに延べ7200時間を作品に費やしてきた。


 次のエピソードは何度読んでも可笑しい。

 「制作に集中しすぎて一度、深夜、新宿の立体駐車場で来客に気づかなかったことがあった。こわもての男性にすごいけんまくで怒られたが、正直に刺繍をしていたと答えると、相手は気勢をそがれた様子で、安堵した。作品の説明をすると面白がってくれて、最後は『頑張れよ』と言って去って行った」


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター