『はじめての薬理学』

『はじめての薬理学』
 (ナツメ社) 1944円 2013年10月初版発行。たまたま持っていたのでざっとご紹介します。
『はじめての薬理学』
 薬の投与方法:注射(静脈投与)、飲み薬(経口投与)、塗り薬(皮膚投与)
『はじめての薬理学』
 病気はバランスが崩れた状態。ある物質が多すぎても少なすぎても調子が悪くなる。薬でバランスを調整する。薬の作用の仕組みで大切なのが受容体情報伝達物質。薬は作用を促進したり阻害することで効果を発揮する。
『はじめての薬理学』
 アスピリンは代表的な鎮痛・抗炎症薬。シクロオキシゲナーゼという酵素を阻害する。それで炎症を起こすプロスタグランジン類をできなくする。
『はじめての薬理学』
 アスピリンは鎮痛・抗炎症作用がある。血液が固まりにくくなったり、胃腸障害を起こすこともある。
『はじめての薬理学』
 飲み過ぎに注意(少量のアスピリンは癌や認知症にも有効な可能性があると言われだした)。
『はじめての薬理学』
 もちろん、アスピリン以外の色々な薬についても載っている。
『はじめての薬理学』
 アスピリンの説明。小児には副作用の可能性からアセトアミノフェンの使用が奨励されている。
『はじめての薬理学』
 『老化は治せる』(後藤 眞さん:集英社新書)には以上のようなことが書かれている。アスピリン(アセチルサリチル酸)の代表薬「バファリンA」(ライオン)。40錠入りで約720円


・2013年5月14日ブログ「老化は治せる」
・2015年11月30日「大腸がんアスピリンで予防」
・2017年7月4日「睡眠負債」をご参照ください。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター