FC2ブログ

未来の働き方

未来の働き方
 毎日新聞17年8月4日
未来の働き方
 日経新聞17年11月16日
 京都四条烏丸(しじょうからすま)にある北海道グローバルリンクス(札幌市)の国際ビジネス拠点「CO&CO」で働いている人たち。ここに写っている人は一部。勤務地の制約から自由になり世界を旅しながら働いている。
未来の働き方
 日経新聞17年11月19日
 民間企業では副業OKの企業が増えてきた。自治体では生駒市、神戸市などが副業を認め始めた。
 政府も、副業やフリーランスの増加などで、税制改正(基礎控除額の拡大など)を検討しだした。
未来の働き方
 日経新聞17年11月14日・16日
 GEやIBMのようなエクセレントカンパニーでさえ10年先どうなるか分からない。
未来の働き方
 秋景色の香東川
未来の働き方
 神社で子猫が生まれたらしく(地域猫)5・6匹見かけて写そうとしたが、カメラを出している間にどこかへ行ってしまった。そこで、神社の前で遊んでいる小学生を写した。





  
  未来の働き方

 IOT、AIが本格化する10年、20年先にどのような働き方をしているのか想像もつかない。しかし、一端ではあるが、ヒントはある。毎日新聞8月4日の「金言」欄、客員編集委員の西川 恵さんのコラムをご紹介します。

.......... ..........


 テレワークの効用


 政府がテレワーク(ITを活用した、場所や時間にとらわれない働き方)の普及促進に旗を振っている。ただ日本の場合、会社に出勤せず家で仕事ができるとのイメージにとどまっている。実は夫婦共働き世帯にこそテレワークは強い味方になる。その一例を紹介しよう。


 カナダ・ケベック州政府の在日代表は女性のクレール・ドゥロンジエさん。国際関係省から派遣されて4年。夫のクロード・フラデット氏と東京都港区内の公邸で暮らす。フラデット氏は同じ州公務員だが移民・多様性・統合省の所属で、本省とはテレワークでやり取りをしている。

 「妻の日本への異動の話があった時、ぜひ受けるべきだと勧めました。彼女の能力を生かす最適のポストだと思ったからです。私はテレワークでやれないか、省の幹部に相談して了承を得ました」

 カナダでは共働きの夫婦が、伴侶の遠隔地転勤で別居を強いられたり、別居が嫌で異動を断ったりする事例をなくすため、十数年前からテレワークを活用している。

 日本とケベック州の時差はマイナス13時間(夏時間)。日本で朝6時は向こうで前日の午後5時。「朝起きるとメールで指示がきていて、日中、それをこなして返信しておけば、向こうは朝、事務所に出た時に受け取れます。この時差は都合がいいです」

 フラデット氏はケベック州で長く省のスポークスマンを務めた。このため発表文の作成、メディア対応でよく助言を求められる。省内の内部資料作りも任され、インターネットテレビで会議にも参加する。朝6時に起き、午後4時ごろまで仕事をし、その後は買い物など、忙しい妻に代わって家事をこなす。夜は「在日代表の夫」としてパーティに出ることも。こうした場では妻が主で、自分は従だ。

 一緒にいるメリットで「夫婦の絆が深まる」は想定内だが、「日本の人たちに『腰を落ち着けて仕事に取り組む』とのサインになる」との答えになるほどと思った。単身赴任だと半分腰掛けで、本国に戻るのを指折り数えているとの印象を与えかねない。

 フラデット氏自身にとっても良かったという。本国での忙しさから解放され、仕事を見つめなおす機会になった。最近、妻に「9月パリ転任」の辞令が出た。もちろんフラデット氏も一緒に行く。

 テレワークで日本はカナダから周回遅れだが、政府は率先垂範、まず公務員カップルの遠隔地赴任による別居の削減に、テレワークを活用してはどうか。


以上




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター