日本人は超進化系人類?

日本人は超進化系人類?
 産経新聞17年12月25日「正論」はお馴染み竹内 久美子さん。
日本人は超進化系人類?
 四国新聞18年1月26日
 先日、14年近い歳月と総事業費730億円の税金をかけて処理をほぼ終えたとされた香川県豊島(てしま)の産業廃棄物だが、新たに85トンの汚泥状の廃棄物が見つかったという。「これ以外にも見つかる可能性が否定できない」とのこと。あり得る。
日本人は超進化系人類?
 毎日新聞18年1月27日「仲畑流万能川柳」
 「解らないCM続く白い犬」 (宝塚 忠公さん) 同感。
 盛者必衰。今や、auや docomoの方が面白い。
日本人は超進化系人類?
 今日は天候が穏やかだったので、猫に会えそうだということで、近くの神社に行った。4匹とあえた。





日本人は超進化系人類?


産経新聞17年12月25日「正論」はお馴染み竹内 久美子さん。京大系の動物行動学研究家でエッセイストでもある。私の理系の先生の一人。抜粋してご紹介します。


.......... ..........


 日本人が備える「最強」の性質


 垂れ耳のイヌは性格が穏やか

 平成30年は戌年。日本ではイヌは番犬として、家族として暮らしてきた長い歴史がある。そのせいだろうか、日本人にはイヌを食べるという習慣がない。

 そして今や飼育される犬種は多種多様であり、しかも驚くほど性格の違いがある。私が注目したいのは、耳が立っているか、垂れているか、という点だ。

 ジャパンケネルクラブに登録されているイヌのうち登録の多い、つまり人気のあるイヌ18種と、耳の特徴(垂れ耳か立ち耳か)、そしてプロが判断した性格の穏やかさについての評価を見てみると、こんな結果となる。

 まず垂れ耳型のイヌである。
 トイ・プードル、ミニチュア・ダックスフンド、ミニチュア・シュナウザー、シー・ズー、マルチーズ、ゴールデン・レトリーバー、パグ、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、ラブラドール・レトリーバー、ビーグルの10種で、性格の穏やかさの平均は最高を10として7.9である。

 一方、立ち耳型のイヌは、チワワ、ポメラニアン、シバイヌ、ヨークシャー・テリア、フレンチ・ブルドッグ、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、パピヨン、ミニチュア・ピンシャーの8種だが、性格の穏やかさの平均は6.0だ。

 垂れ耳型は立ち耳型に比べ、2ポイント近くも高く、性格が穏やかな傾向があることがわかる。


 外国人が憧れる「かわいい文化」

 しかし、そもそもイヌは生まれたときには、たとえ立ち耳型のイヌであったとしても、耳は垂れている。成長するに従い、立ち耳型は立ってくるのである。

 ということは、垂れ耳型のイヌとは、ネオテニーがより強く起きている犬種ということになるだろう。ネオテニーとは子どもの性質を残しつつ、性的に成熟することをいう。この場合なら、子供の性質である垂れ耳のまま、大人になるということである。

 その際、穏やかな性質も、保護を受ける側である子供には必須の性質であるので、垂れ耳という子供の性質と、セットとなって残っているということではないだろうか。


 このネオテニーという現象だが、人間もその祖先に強力ににネオテニーが起きて人間になったのだといわれる。

 たとえば、チンパンジーと人間を比べてみる。チンパンジーは生まれてたった数年で、まだ子供であるにもかかわらず、深いシワを刻んだ老人のような風体(ふうてい)になってしまう。ところがわれわれは、個人差はあるとはいえ、何十年にもわたり若さを保ち続ける。ネオテニーのおかげだ。

 しかも、アジア人(モンゴロイド)は、特に強くネオテニーが起きていて、中でもアジアの東端に位置する日本人は超ネオテニー人間と言っていい。日本人が欧米などを旅行すると、「この店は未成年者、おことわりですよ」などと誤解されるのもネオテニーのゆえである。

 ネオテニーはイヌで見たように、外見だけでなく性質についても起こる。その際、ペットのようにかわいいものにメロメロになってしまう性質も含まれる。

 実際、日本人のペットに対するかわいがり方が欧米人に批判されている。甘やかしすぎ、人間との線引きがあいまい、などだ。欧米人の夫婦が厳しくしつけたイヌを日本人の夫婦に1日預けたら、すっかりダメイヌになって戻ってきたという話があるくらいである。

 しかし考えてみるがいい。今や、「KAWAII」は、「SAMURAI」や「NINJA」と同様、世界的に通ずる言葉となった。東京の秋葉原や原宿、京都も、日本のかわいい文化を求めて来日した観光客でごった返している。


 ネオテニーの再評価が必要だ

 日本人は大人になってもマンガを読むと散々揶揄さ(やゆ)れてきたが、どうだろう。今やアメリカなどの書店では「MANGA」コーナーが一大勢力となっている。日本のマンガが英訳されて出版されているのだ。日本のアニメが世界的に愛されていることは周知のとおりだ(「ANIME」はすでに世界語だ)。

 ネオテニーについては、幼いとか未熟というよりも、発想が柔軟であるとか、心がまっすぐで優しいといった側面が評価されるべきであろう。そもそも人間はネオテニーによって人間になったのだ。

日本が誇る、技術力や理系の能力もおそらくネオテニーの産物だろう。日本人はお人よしで脇の甘い一面があるが〝人類最強〟の性質も持ち合わせているのである。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター