FC2ブログ

車のエクステリアが獰猛に!


 車のエクステリアが獰猛に!
  

 車のエクステリア(外観)がどんどん獰猛になっている。「どやどや系」がずいぶん増殖している。
 
 思いのほか、「どやどや系」が好きな人が多いらしい。



車のエクステリアが獰猛に!
 メルセデスベンツ・Cタイプ。スリーポインテッドスター(3点星)が正面にデカデカと。ベンツがどやどや系になったころからこの手の車が増えたように思う。
車のエクステリアが獰猛に!
 次のトヨタ・クラウン。これはこれでいいような…。
車のエクステリアが獰猛に!
 トヨタ・プリウスは自家用車としてちょっとやり過ぎ。後席の居住性が犠牲になったり、後方視界に問題はないのか?
 初代の日産・リーフ(EV車)はどん亀のようなデザインで、それはそれで問題。ただでやると言われても欲しくない。初代は電池の耐久性に問題があり、下取り価格が随分低いと聞いた。2代目のデザインはまあまあ。
車のエクステリアが獰猛に!
 トヨタ・C-HR。ガンダム系。色物ということでこれはこれでありかも。発売と同時に爆発的に売れたのかよく見かける。後席の居住性を問題にするような車ではないが、後方視界に問題はないのか?
車のエクステリアが獰猛に!
 トヨタ・アルファードヴェルファイアの兄弟車。新型ヴェルをアル並みの獰猛な顔つきにしたらよく売れ出したとか。究極のどやどや系。私は乗る気はしない。
車のエクステリアが獰猛に!
 それに倣(なら)ったのか、スズキ・スペーシアカスタムもどやどや系に。売れるから作るのだろう。
車のエクステリアが獰猛に!
 三菱エクスパンダー。インドネシアなどで売られているが、今年日本でも販売するとか。これも究極の顔つき。
車のエクステリアが獰猛に!
 それはそうと、昔と違ってセダン(3BOX車)が減った。図書館の駐車場で調べたら10台に1台。ハッチバックや1BOX車が多い。私もセダンに17年半乗ったが、後ろのトランクは必要なかった。車長が長くなり、重くなるだけ。
車のエクステリアが獰猛に!
 ニッカ・PURE MALTウヰスキーの瓶。瓶が欲しくて買い、いまだに持っている。佐藤卓さんのシンプルなデザインが好き。
車のエクステリアが獰猛に!
 昔のミニのデザインが好き(BMWミニではない)。しかし上物(じょうもの)は残っていない。知人は雨が降ると大漏れし、足元に水が溜まると言っていた。
車のエクステリアが獰猛に!
 ホンダ・バモス。国産車で最も好きなデザイン。昨年の秋、車検の時買い替えようと調べたら、車台は18年もので、2018年夏にN-BOXをベースにした後継車が出るとのことで諦めた。今のデザインでベースがN-BOXなら次回車検時買い替える。
車のエクステリアが獰猛に!
 今年発売されるトヨタ・センチュリー(3代目)。このデザインは好きだが、デカすぎて実用的ではない。値段も2000万円近いはず。
 VWポロも候補であったが、VWはさまざまな不正が露見したし、残念ながら新型ポロは大きくなり3ナンバーとなった。デザインは好きだが、会社の姿勢とクルマの大きさで対象外。
車のエクステリアが獰猛に!
 近所の神社の猫たち。随分なれた。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター