FC2ブログ

日本は階級化している?

日本は階級化している?
 『新・日本の階級社会』 著者:早稲田大学・橋本健二教授(講談社現代新書) 972円。現在ベストセラーになっている。
日本は階級化している?
 週刊現代18年3月3日号 佐藤優(まさる)さんの「名著、再び」は上記新書本の紹介。
日本は階級化している?
 AERA18年2月26日号 「職場の分断が止まらない」
 何をいまさら!私は管理部門にあり、20数年前からこのことに悩んできた。有期社員にはせめて所定時間内に帰れるように図らった。広島時代に、正社員の女性が自分の机で無神経に賞与明細を開き、横の有期社員が翌日辞職した苦い思い出がある。
 AERA編集部内も同様のはず。編集長が何人かの契約社員だかに契約延長をにおわせ肉体関係を迫り馘になったのは朝日新聞出版ではなかったか。
日本は階級化している?
 同。『新・日本の階級社会』の著者、早稲田大学の橋本健二教授(社会学)の説の紹介。
日本は階級化している?
 産経新聞18年1月17日
 NHKはずぶずぶ。チャネル数も多過ぎ、関連会社も多過ぎ、職員人件費も高過ぎ、職員数も多すぎる。莫大な内部留保がある。肥大化し過ぎている。もろもろのものを削減し、受信料を下げるべきである。
日本は階級化している?
 「みなさまのNHK」の人件費。受信料値下げの公約?を守らないNHKの貧困者に同情的な番組を見るとつい鼻で笑ってしまう。マスコミでも朝日新聞とフジテレビの凋落が激しいが、朝日が早期退職金5千万円の積み増し、フジが7千万円の積み増しと聞くと、同情してばかりもいられない。
日本は階級化している?
 朝日新聞18年2月11日
 政府も「働き方改革」で「同一労働同一賃金」を掲げている。労働組合も、「正社員クラブ」化せず、自分たちの要求は多少抑えてでも、非正社員の給与をせめて8掛けくらいまで上げるよう経営側に要求すべきである。
故郷(ネパール)に学校を作る②
 新しくできた大きな葬祭場。先日、今年度の自治会役員に会ったので聞いてみると、「ようけ死んにょるでぇ。みんな家族葬で、葬式が終わってから言いにきよる」。新しくできた葬祭場はJA(農協)経営とのこと。うちの自治会はほとんど非農家。農家(兼業含む)は文化が異なるとは思うが、それにしてもあんな大きな葬祭場を作って大丈夫か?
日本は階級化している?
 去年の夏、庭に野生の白ユリが何本か咲いた。
日本は階級化している?
 現在、このようなオブジェになっている。





 日本は階級化している?


 25年くらい前か、ソ連のゴルバチョフ大統領が、「日本は最も成功した社会主義国である」と言ったことがある。確かに、欧米に比べて貧富の差は小さく、それなりに豊かであった。

 しかし、その頃日本はバブルが弾け、日本経済は苦境に陥った。また、同じころにソ連が崩壊し、中国は国を開き、「世界の工場」と化していった。それに対抗するためには、人件費の安い海外で生産するか、国内の人件費を下げるか、高級品に特化するか、今まで世の中になかった魅力ある商品・サービスを開発するしかなかった。


 週刊現代3月3日号 佐藤優さんの「名著、再び」『新・日本の階級社会』(橋本健二さん)を取り上げている。抜粋、一部編集してご紹介します。


.......... ..........


 この国は階級化している!
 日本社会が生み出した「アンダークラス」の実態


 格差が固定化し、貧困が深刻な問題になっていることを実証的に示した好著だ。橋下健二氏は、現下日本の階級を、資本家階級新中間階級正規労働者旧中間階級アンダークラス(パート主婦を除く非正規労働者)の5つに分ける。


 資本家階級は、大企業のオーナーや経営者だけでなく、従業員5人以上の零細企業経営者も含む254万人、就業人口の4.1%。
 
 平均個人年収は604万円であるが、零細企業の社長を含むと平均はこんなところなのだろう。平均資産総額は4863万円、その内、金融資産は2313万円。


 新中間階級は高学歴の事務職や技師が中心で、1285万人で就業人口の20.6%。

 平均個人年収は499万円で、資産の平均額は2353万円だが、持ち家がその多くを占める。持ち家のない人の平均額は935万円。


 正規労働者は、それほど高いスキルを要求されない仕事に従事する労働者で、2192万人。就業人口の35.1%。5つの階級の中では最多数。

 平均個人年収は370万円で、資産の平均額は1428万円。資産の大部分が持ち家などの不動産。持ち家を持たない人の平均額は406万円。


 旧中間階級は、自営業者と家族従業員により構成され、806万人。就業人口に占める割合は12.9%。

 平均個人年収は303万円であるが、共働きのケースが多く、世帯収入は587万円。資産の平均額は2917万円。


 最も悲惨なのは、アンダークラスだ。929万人いて、就業人口の14.9%。職種は、男性ではマニュアル職(≒肉体労働)が約6割、残りはサービスと販売が多い。女性では事務、販売、サービス、マニュアルがほぼ4分の1ずつ。

 現下の日本経済は、アンダークラスに属する人々に依存せずには成り立たない。だが、その労働条件も待遇も、悲惨な状況に置かれている。

 平均個人年収は、186万円と極端に低い。平均資産総額は1119万円だが、持ち家による部分が大きく、持ち家のない人では315万円。資産がまったくない人の比率が31.5%に上っているのも特徴。
 この経済状態だと、結婚して子どもを育てることが難しい。

 若者の非正規労働者が激増し始めたのは、「就職氷河期」(1993-2005)と呼ばれた時代である。この時期に社会に出た若者たちの一部が、そのまま非正規労働者にとどまり、今日のようなアンダークラスが形成された。

 この世代が老後に生活保護を受けるようになった場合に、必要になる追加の費用は、17.7兆円から19.3兆円になるという。


 アンダークラスを減らすための手を打たないと社会に壊滅的打撃を与える


.............................................................................................................


(感想・意見など)

 零細企業経営者を含むとはいえ、資本家階級の平均個人年収604万円には驚いた。こんなにショボイとは!日本人はここ20年以上所得が増えていない。アンダークラスの底上げを含め、何とかしなければならない

 私の持論は、公務員の給与を2割減らして、半分(2.5兆円)を子育て支援、非正規職の底上げ等に使い、半分(2.5兆円)を財政再建に使うというもの。国と地方公務員の給与25兆円の2割で5兆円が生み出せる。


 因みに2016年香川県職員の給与等を調べてみた(≒高松市職員)。公務員の中でも中位のはずである。

 平均年収      669万円 (44.2歳)

 総支給給料(月)  42万円

 ボーナス      167万円

 退職金(60歳) 2284万円

 人件費としてその他に、厚生年金や健康保険などの雇用者負担分(C)があるはずである(@人件費は、年収の1.4倍と仮定すると、669万×1.4=937万円になる)。


 因みに、数年前のNHK職員平均年収(A)は1185万円、1人当たり人件費(B)は1780万円と約1.5倍(B÷A)であった。


 アンダークラスにはこの(C)部分がないことが多いアンダークラスの待遇・条件がいかに悪いかが分かる徐々に改善すべきである。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター