韓国の歴史教科書はインチキだ!〈再)

韓国の歴史教科書はインチキだ!
 週刊文春14年1月30日号
韓国の歴史教科書はインチキだ!
韓国の歴史教科書はインチキだ!
 (明石書店) 韓国の中学生が全員学ぶ国史教科書全訳。デタラメ。
韓国の歴史教科書はインチキだ!〈再)
 ハクモクレンはそろそろ散りだした。
韓国の歴史教科書はインチキだ!〈再)
 高松市レインボーロードの陽光桜はほぼ満開。今日、香東(こうとう)川の川岸を車で走ったが、ソメイヨシノは2~3分咲き。今週末が満開か?





 韓国の歴史教科書はインチキだ!(再)


 韓国人はことあるごとに日本人に対して「正しい歴史認識を持て」と言うが、戦後数十年間にわたってデタラメな歴史教育をしてきたのは韓国のほうである。60歳代以下の韓国人はデタラメな歴史を教えられてきた(北は恐らくもっとデタラメ)。それが文在寅(ムン・ジェイン)左派政権によってもっとひどいものになりそうである。

 2014年2月13日のブログを再録します。


........... ...........


 週刊文春14年1月30日号の韓国に関する記事を抜粋してご紹介します。



 韓国名誉教授が実名告発
 「わが国の歴史教科書はインチキだ!」


 韓国国内で歴史教科書問題が波紋を呼んでいる。右派(保守派)の執筆陣による数学社の教科書が日本支配を肯定するような親日的な内容であると、左派(進歩派)に批判され、この教科書を採択していた高校も反対を受けて採択を取り消した。

 韓国の右派の重鎮である成均館大学校名誉教授の李大根は専門は経済学だが、教科書問題にも長くかかわってきた。左派からの理不尽な批判にも負けず、学生たちに正しい歴史を教えるべきという声を上げている

 「韓国には2300校ほどの高校があります。今回、数学社の教科書を採択したのは20校ほどでしたが、反対を受けて結果的に採択数はゼロになってしまいました。

  韓国にも日本の日教組にあたる全教組(全国教職員組合)がありますが、反対運動は韓国の方が大きい。日本では反対といっても物理的な抗議はないでしょう?韓国では市民団体が採択した高校に押し掛けた」


 韓国では右派と左派の対立が鮮明だ。それは日本と北朝鮮をどう捉えるかによって分かれている

 「以前は、国定教科書であったために教科書がそこまで問題視されたことはなかった。それが民間出版社による教科書を検定する方式になり、左派の金大中政権を経た事で問題が顕在化し始めた。そこで開かれたのが、『教科書フォーラム』でした。そこで一般的に使われている教科書を検討すると、中身がほとんどインチキで、歪曲に満ちていた


 例えば、終戦の1945年から今日に至るまで、韓国の歴史を見れば朴正熈(パク・チョンヒ)時代の経済発展は強調すべき大きなファクターであるにもかかわらず、ほとんど記述がない。その代わりにあるのは労働運動や民主化運動に関することでした。客観的な歴史的事実がほとんど書かれていなかったのです」

 これ以外にも数々の問題点がこれまでも指摘されてきた。たとえば竹島についても韓国が一方的に実効支配をはじめたのは1952年のことだが、以前から自国の領土だったと主張したいがために、1910年の日韓併合以前も朝鮮政府が管轄していた、などのありもしない事が書かれている

 「さらに、検討で明らかになったのは、執筆者が数名の若い大学教授と、中学校、高校の若い教諭だということ。しかも出身大学や専攻なども明らかにされていなかった。歴史学の元老と呼ばれるような研究者は執筆陣に入っていなかった。まともな研究者であれば、記述するか悩むまでもないことが入っていない。それすらわからない中学校、高校の教諭が教科書を執筆するなど、国の面子に関わる、非常に恥ずべきことです」


 なぜこのような事態になったのか。
 
 「朝鮮戦争で朝鮮半島は北が社会主義、南は資本主義という形に分断されました。大学の歴史学の主流を占めている教授は、資本主義が嫌いで、社会主義の理念を持った左派が多いのです。反日民族主義です。左派の考える歴史においては、対日独立運動をした北朝鮮が正当です。
 
 歴史学がこのようになってしまったのは、朴正熈時代に遡ります。歴史学はそれまで一つだったのを、韓国史、西洋史、東洋史と三つの学科に分けた。もともと韓国史の研究者は民族主義でしたが、韓国史が学科として独立したことで、歯止めがかからなくなった」


 それでは、増大する左派に対する右派の主張はどのようなものか。李氏によれば、それは「韓国の経済成長に日本は欠かせなかった」というものだ。

 「まず、私は韓国には二度の産業革命があったと考えています。一つは日本統治下の30年代前半からの時代もう一つは60年代の朴正熈時代の『漢江(ハンガン)の奇跡』といわれる経済発展です。
 
 前者は『植民地近代化論』と言われます。日本統治下で社会間接資本、鉄道や道路、電力などが整備された。さらに身分制度の解体などで近代化が推し進められました。この時期に朝鮮半島は平均3.7%の経済成長をしていました。当然、日本人の投資によって朝鮮半島の資源や施設は日本の物となっていきました。しかし、韓国人が豊かになったこともまた事実です。
 
 ここから目を背けてはいけません。経済学者には認めている人は多いのですが、左派は絶対に認めようとしません教科書の記述にも一切登場せず、植民地時代の35年間が空白になり、45年8月15日の『光復節』に飛躍しています」

 後者の「漢江の奇跡」には65年の日韓基本条約が大きく関わっているという。


 日本からの資金で工業化が進んだ

 昨年7月、戦時中の強制徴用に関して、韓国の高裁が新日鉄住金に賠償金の支払いを命じた。しかし、「韓国に対する日本の経済協力、及び、両国間の財産、請求権の完全かつ最終的な解決」がなされた日韓基本条約では、請求権は全て韓国政府に属すと定められており、個人の請求権は認められていない。このとき日本は「問題解決金」として5億ドル以上の資金も支払っている。この資金が60年代の経済成長に寄与することになったと李氏は言う。

 「韓国のいう『戦時賠償』はこの段階で終了している強制連行も、慰安婦への賠償もこの中に入っている

  高裁の判決についてですが、韓国の司法、行政府、教育、メディアなどは、65年の条約の中身を勉強していない。どういう過程を経て妥結したものなのか、知識を持っていないためにああいった判決をしていまうのです。
 
 現実には、韓国はこの資金によって、ソウルと釜山(プサン)を結ぶ京釜高速道路を整備し、浦項(ほこう)製鉄所も生まれました。請求権の資金によって工業化が推し進められていった。こういった面を否定的にしか捉える事が出来ないのが、今の韓国です」


 韓国における左派勢力の拡大は歴史教科書に留まらない。今やあらゆる問題について広まってしまっている。李氏のような右派の主張は「親日的」として批判されているのが実情だ。

 昨年来、反日に凝り固まる朴槿恵パク・ウネ)大統領も本来は保守派に属する。彼女もやはり、ジレンマを抱えているという。

 「先の大統領選では、朴大統領は左派民主党の文在寅と争って就任しました。しかし、得票率はほぼ半々で、僅差の勝利でした。国政の面でも左派の力が大きくなっている。
 
 その状況で政権の方向性の判断を迫られた朴大統領は、結果的に民族主義的な方向性を取る決断をしたということです。
 
 ただ、朴大統領は今、相当悩んでいるのではないでしょうか。彼女は公約に『経済の立て直し』を掲げました。本来、経済の発展は民族主義ではあり得ない。『主体思想』を掲げる北朝鮮の経済状況を見れば自ずと分かることです。だから左右の対立は言いかえれば、民族主義と国際主義の戦いです。日本とも協力して国際主義を取らなければ経済の立て直しなどあり得ないのに、民族主義の方向へ行っている。それが朴大統領の抱える矛盾でしょう」


 問題解決には民族主義の克服が必要

 朴大統領は今月6日の記者会見で「南北統一が経済発展に繋がる」と言及した。「統一を話題にしたということは、民族主義に傾いている証左。就任以来、中国との関係を強化しているのは、統一を志向しているからでしょう。中国の了解がなければ北朝鮮との関係には踏み込めませんから」

 日韓関係の行く末について李氏は最後にこう話した。
 「朴大統領は3年で異常なことを正常化する、と言っていますが、日韓首脳会談をはじめ、まだ多くが異常なまま。問題を解決しようとすれば、民族主義の克服しかない。そこにしか糸口はない。今のままでは、韓国は技術も経済も、日本に追いつけません」


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター