FC2ブログ

JR東労組は今なおアンタッチャブル?

JR東労組は今なおアンタッチャブル?
 週刊新潮18年4月19日の記事。
JR東労組は今なおアンタッチャブル?
 産経新聞18年4月12日 ドラゴンボールに出てくる「魔人ブウ」だとか。

 極左・革マル派に支えられた枝野幸男さんや、事実婚の相手が元日本赤軍で極左の関西生コン労組から1千万円の献金を受けた辻元清美さん、韓国に渡り慰安婦問題でデタラメを吹き込みまわり北朝鮮の拉致を隠そうとした福島瑞穂さん、希望の党だか民主党だか民進党だかも訳が分からなくなっているし、安倍内閣打倒もいいけど、世界がハチャメチャになっている今、誰に日本の舵取りを任せるの?トランプ政権は、政府高官ポストの55%が未定らしいし。
 
 この魔人ブウ(石破茂さん)に任せる?このブウは、希望の党代表・玉木雄一郎(父・弟が獣医師)さん同様「日本獣医師連盟」から100万円の献金を受け、いわゆる「石破4条件」なる「練りに練って誰がどのような形でも現実的に参入は困難となる文言にした」(「日本獣医師会雑誌」より)という反動分子だしなーぁ。誰が一番日本の国益になるか?

JR東労組は今なおアンタッチャブル?
 
 フリージャーナリストの西岡研介さんは、JR東日本の労組が革マル派に乗っ取られていることを明らかにしたために、ひどい目に遭わされた。お利口な主要メディアは知っていながら目をつむり続けた。現在も…???

JR東労組は今なおアンタッチャブル?
 讀賣新聞17年8月22日意見広告

 加計問題で、テレビ6局合計で前川エロ前次官の「行政が歪められた」という主張2時間33分(153分)放映に対し、「歪められた行政が正された」との加戸(かと)守行・前愛媛県知事の主張はわずか6分しか放映されなかった。報道しない自由の行使

JR東労組は今なおアンタッチャブル?

 国会閉会中審査における加戸守行・前愛媛県知事の主張は、朝日新聞と毎日新聞では一般記事では0行ほとんど無かったものとして扱われた。新聞をよほど時間をかけて丁寧に見る人以外は加戸さんの主張を知りえない。

JR東労組は今なおアンタッチャブル?
 近くの神社の藤。あと10日ほどで見ごろか?
JR東労組は今なおアンタッチャブル?
 庭にフリージアとチューリップが咲き出した。



 
 
 JR東労組は今なおアンタッチャブル?


 4年半前の13年10月12日のブログ「新聞、TVで分からないことも多い」で、JR東労組のことを取り上げた。JR東労組は過激派の革マル派に支配されていて、そのことを取り上げたジャーナリスト、出版社はひどい目に遭わされた。一種のアンタッチャブル(ぜひ前出のブログを見てください)。それ以来、興味をもち続けてきた。

 数日前にヤフーニュースか何かで、「JR東労組から脱退者が続出している」という東洋経済新報社だかのニュースを読んだ。当然、各社から続報が出てくるものと思っていたが、JR東労組は今なおアンタッチャブルなのか続報が見当たらない。

 今日、手にした週刊新潮4月19日号に2行程度だが該当記事が載っていた。ご紹介します。


.......... ...........


 大量脱退 JR東労組に手を差し伸べない枝野サン


 ブレない政治家、枝野幸男立憲民主党代表(53)の腕の見せ所か。

 枝野氏が過去、選挙応援と資金提供を見返りに〈連帯して活動します〉と〝誓約〟を交わした東日本旅客鉄道労働組合(JR東労組)が瓦解寸前だ。

 「今年2月、ベアを巡ってJR東労組が会社側と厚労省に対してスト権行使の可能性を通知。これに対し、会社側が強気な姿勢を見せたことで、脱退者が増加しました」(国交省担当記者)

 騒動以前は4万6000人の組合員を誇っていたが、「深沢祐二社長が今月3日の会見で『2月だけで組合員は1万4000人も減った』と発表。あまりの数の多さに衝撃が走りました」(同)

 労組幹部に聞けば、脱退者数は更に増え続けており、「現時点で3万人近く抜けてしまいました。経営幹部が自ら組合脱退を勧めていることもあっての結果です」と肩を落とす。窮状を打破すべく、救いの手を求めた先がこれまで選挙応援してきた議員らだった。

 JR東労組は、3月27日に池袋のホテルメトロポリタンにて臨時議員懇談会を開いた。

 「東京地方本部の宮澤和弘執行委員長が『どんなご支援でも良いので少しでもご尽力頂ければ』とお願いしたのですが、『あなたたちもおかしい』という辛辣な批判や『SNSで発信したら』と投げやりな発言など、具体的な策は出ませんでした」(参加者の1人)

 それもそのはずである。
 「JR東労組は今年2月に、〈影響力を行使し得る立場に革マル派活動家が相当浸透している〉という答弁書が閣議決定された組織。なかなか表立っての支援は難しいんです」(政治部記者)

 頼みの綱、枝野氏からは救いの手が差し伸べられたか否か労組幹部に聞くと、「(関係が)報道されてから、向こうの方から連絡が来なくなりましたよ……」

 エダノン、ブレてる。


.........................................................................................................


(感想・意見など)

 実際に何が起きているのか?なぜか?など、他のテレビ、新聞、雑誌などの続報を注意深く見守りたい。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター