FC2ブログ

イサム・ノグチ展に行ってきた。


 イサム・ノグチ展に行ってきた。

イサム・ノグチ展に行ってきた。
 ずっと行きたかった「イサム・ノグチ展」のためにとりあえずスーパーカブPROでサンポート高松に向かった。
(背景は屋島)
イサム・ノグチ展に行ってきた。
 5万トンバースに自衛隊の掃海母艦と掃海艇が係留していた。昨日、今日と一般公開している。
 (右の丸いものは前回だったかの瀬戸内国際芸術祭の台湾人作家の作品)
 金毘羅(こんぴら)さんは海の神様のため、最寄りの高松港には自衛艦が時折入港する。

イサム・ノグチ展に行ってきた。
 県立体育館建設予定地から掃海母艦を見る。この作品は流政之(ながれ・まさゆき)さんの作品。流さんは高松市庵治町(あじちょう)にスタジオを持っている。
イサム・ノグチ展に行ってきた。
 テントの下で何かやっていた。小さなバイクが数十台並んでいる。カブ主(ぬし)ミーテイングだという!
 私も学生時代以来のホンダ・カブファンだが、そういう人は世界中にいる。とにかくタフ。
イサム・ノグチ展に行ってきた。
 左側の赤カブがほしい!実際に乗るのは恥ずかしいので白色がいいかも。
イサム・ノグチ展に行ってきた。
 サンポートから1キロほどの香川県立ミュージアム(右側、左は県民ホール、手前は玉藻城の一部。遠景は屋島)。ノグチの作品を多数所有している。
 結果から言うと、カブで行って正解であった。駐車場は満杯で、多くの車が外で順番待ちしていた。
イサム・ノグチ展に行ってきた。
 「イサム・ノグチ展」ポスター
イサム・ノグチ展に行ってきた。
 イサム・ノグチはアメリカ・ロサンゼルス生まれの彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家。父が日本人、母がアメリカ人。
イサム・ノグチ展に行ってきた。
 山口淑子(李香蘭)と夫婦であった。北大路魯山人(きたおおじ・ろさんじん)に紹介されて鎌倉の旧家で作陶に励んだ。岐阜提灯にヒントを得たAKARIシリーズでも有名。
イサム・ノグチ展に行ってきた。
 展示の作品一覧。
イサム・ノグチ展に行ってきた。
 今回は図録は買わずに、衆燐図(しゅうりんず:高松松平家)などのクリアファイルを4種買った。
日プラ誕生の陰に金子正則知事あり。
 猪熊弦一郎、丹下健三、金子正則知事
 (金子知事の後ろにあるのはイサム・ノグチの「AKARI」
 この時代、これらの人を中心にいろいろな芸術家・建築家が集い、香川に芸術の華を咲かせた。
イサム・ノグチ展に行ってきた。
 ノグチは晩年を庵治石(あじいし)で有名な高松市庵治町で過ごした。優秀な石工(いしく)も大勢いる。工房は、現在は「イサム・ノグチ庭園美術館」になっている。私は5・6回行った。
イサム・ノグチ展に行ってきた。
 現在は宿泊を伴う旅行はできないが、いずれ札幌市東区の「モエレ沼公園」に行きたい。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター