FC2ブログ

座談の名手

座談の名手
 吉行淳之介
座談の名手
 週刊現代18年6月9日号
座談の名手
 朝日新聞18年5月27日「折々のことば」
座談の名手
 香川県立図書館に咲いた花
座談の名手
 庭に大きな(直径50センチくらい)葉っぱが出てきた。植えた覚えはない。何の花が咲くのだろう?





  座談の名手


 私は高校生のころから吉行淳之介の小説が好きだった。吉行はしばしば「座談の名手」と言われた。しかし、印刷物ではその場の状況、ニュアンスは伝わりにくい。今と違って動画があるわけではなく、その雰囲気はよく分からず、もやもやしたままであった。

 サラリーマンになって、周りに関西人が何人かいて、「関西風の座談の名手」はある程度分かるようになった。その代表格はお笑い芸人の紳助である。関西の学校にはたいていクラスに1人はこのような人がいる。この場合、話の内容は、事実(実際)はどうでもいい。おもろければそれでいい

 「お前アホちゃうか?事実ーっ?そんなんどうでもええ、おもろかったらええねん!」



 朝日新聞18年5月27日 鷲田清一さんの「折々のことば」にその見本が載っていた。

 「おめでとう。めっちゃきれいやったでー。」
 「ありがとう。そんなん言うてもらえてうれしいわぁ。先週整形しといてよかったわぁ。」

                                       結婚式にて

 花嫁のこの受けには「整形間に合ってよかったなぁ」と返す。「元からきれいだよ」ではなく。国語学者・澤村美幸が衝撃を受けたある結婚式での会話だ。友人のほめ言葉をボケで受ける花嫁に、「おもろい」言葉をさらに被(かぶ)せて話を転がしてゆく大阪人のもてなしの作法である。同じ国語学者・小林隆との共著『ものの言いかた西東』から。



 吉行淳之介は岡山で生まれたが、幼い時から東京で育ったため、上記のエピソードとは違って、『ものの言い方』は東風(ひがしふう)だったかもしれない。


 転勤や転職は大変だが、視野が広がる利点がある。私は高松と松山で仕事の一部として渉外をしたことがある。転勤や転職である種の才能の持ち主を発見するのは歓びである。

 松山のメーカー会で、「座談の名手」がいた。その人が所属していたG社はメーカー10社中シェア的にはほとんど最下位であったが、話がうまいため存在感があった。

 しかし、ある時から病気でメーカー会に出てこなくなった。その後、後任の若い人とメーカー会の忘年会でその「座談の名手」のことが話題になった。

 「座談の名手」が商談に行くと、その商談に関係のない人までもが多い時ではわらわらと10人も集まってくるのだという(商談相手は農協だと思われる)。「座談の名手」は、30分くらい商売とは全く関係のないことばかり話してみんなを笑わせるのだという。

 最後の1分くらいで、「○○さん(本来の商談相手)、以前と同じ条件で■■を〇百台、▲▲を×百台お願いします。〇日には納品できますので倉庫を空けといてくださいね」。

 周りの人たちも散々笑わせてもらったので異存があるわけもなく、商談相手も「了解、了解」で笑いながらクロージング。


 その後しばらくして、この「座談の名手」はがんで亡くなったと聞いた。後輩は、「余人をもって代えがたい人でした」と言っていた。



 加計学園の件で、愛媛県の中村時広知事は、切り口上に「公的機関に偽りの説明をしたとすれば、説明と謝罪をすべきだ!」と怒っている。どのような状況でそのような話が出てきたのかは、役人のメモだけで分かるはずもない。

 役所では冗談も言えない。「説明と謝罪」を求められる。野暮に徹すべし!しかし、こういう人は関西ではいじめられるでぇー。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター