FC2ブログ

世界は強権的になっている②

世界は強権的になっている。
 日経新聞18年3月20日
 米トランプ大統領は「米国第一」を前面に、ロシア・プーチン大統領は通算4期目、2024年まで大統領職に、中国・習近平国家主席は終身国家主席も可能に。世界は、自由・民主・人権の流れが逆行しかねない様相になってきた。

世界は強権的になっている②
 産経新聞18年3月12日
世界は強権的になっている②
 四国新聞18年7月17日一面。
 高松市庵治町(あじちょう)にアトリエ・自宅を置く国際的彫刻家・流正之(ながれ・まさゆき)さんが、95歳、老衰で亡くなった。
世界は強権的になっている②
 四国新聞18年7月17日20面、21面。
 流さんは、立命館大学の創設者で西園寺公望の秘書官でもあった中川小十郎の子息。ゼロ戦パイロットとして敗戦を迎え、各地を放浪したのち庵治に拠点を構え、庵治の石工(石匠(せきしょう)塾)と共に米国に渡り活躍した。

世界は強権的になっている②
 サンポート高松の「SUNSET of SETO」
世界は強権的になっている②
 サンポート高松の「MATAKITENO」(また来ての)
世界は強権的になっている②
 高松市庵治町のナガレスタジオ

世界は強権的になっている②
 JR四国は、JRホテルクレメント高松(20階建)の隣に、10月11日オープン予定で宿泊特化型の「JRクレメントイン高松」(9階建)を建築中。JR高松駅から徒歩1分。間違いなく流行る。





 世界は強権的になっている②


 産経新聞18年3月12日に、最近の中国の動きに関する米紙の社説を紹介する記事が載っていた。抜粋してご紹介します。


.......... ..........


 中国 習近平政権長期化へ

 ■ニューヨーク・タイムズ(米国)

 独裁モデルを輸出


 トランプ米大統領が民主主義の規範を含めた「自由な国際秩序」を守る指導者の役割を果たそうとしない中で、習氏が独裁体制を確立すればアジア、アフリカ、欧州に中国型の全体主義的な統治モデルを広めることになるのではないか。米メディアの多くは、軍事、経済以上に思想面での影響力を及ぼそうという意図に着目し、「任期撤廃」が意味するところを伝えている。


 ニューヨーク・タイムズ紙は2月28日付の社説で、米国や同盟国は経済発展が成し遂げられれば政治的な自由化につながると期待して、第二次大戦後に西側が作った政治、経済システムに中国を統合しようとしてきたが、習氏の任期撤廃の動きによって、「そのような政策が失敗だったと証明された」と失望感を示した。

 習氏は逆に法の支配に基づく自由な秩序に挑戦し、「自らを終身の皇帝にしようとしている」とした。

 習氏が米国など政治的に疲弊した民主主義国家の代替モデルとして中国を売り込んでおり、「小切手外交」の展開によりルワンダ、カンボジア、カンボジア、タイといった共鳴する国が現れてきたと指摘。

 一方で、トランプ氏が民主主義的な規範を守るという米国の伝統的な指導力を発揮しようとしないことで、習氏が国際社会で優位に立とうとしているとし、「習氏による独裁の実験が成功するか失敗するかは中国だけでなく世界にとっても重要だ」と強調した。


 ワシントン・ポスト紙は2月27日付の社説で、習氏が国内では警察や軍を掌握し、人工知能(AI)を使った国民の監視による「独裁」を進めつつ、世界では現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の名の下に影響力を強め、自らの政治モデルを売り込もうとしているとした。習氏が「毛沢東の教訓を忘れて21世紀型の全体主義を作り、世界に実例として提供しようとしている」と断じている。   (ワシントン 加納宏幸さん)


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター