FC2ブログ

阿波踊り ぜひ1本化を!


 阿波踊り ぜひ1本化を!


阿波踊り ぜひ1本化を!
 朝日新聞18年8月14日

 「徳島市の夏の風物詩『阿波踊り』が12日、開幕した。赤字解消のめどが立たないとして破産手続きが進む市観光協会に代わり、新たに市と徳島新聞社などでつくる実行委員会の主催となった。ただ、利益優先で伝統の『総踊り』を中止させるなどの改革に、人気の阿波踊りグループ(有名連)の団体『阿波踊り振興協会』が反発。演舞場外で独自に『総踊り』をすると表明し、13日夜、強行した」  (佐藤常敬さん、佐藤祐生さん)

 私の知る限り、徳島市側は「利益優先」しているわけではない。「せめて収支トントンにしてほしい」と言っているだけ。これまではどんぶり勘定で累積赤字が4億円以上あるという。説明のつかない支出もあるという。いつまでもこんなことを続けるわけにはいかないのは当然のこと。

 いかにも朝日新聞らしい一方に偏った決め付けた書き方をしているが、まともな大人なら収支を明確にし、「せめて収支トイントン」にする努力はすべきである

 私は徳島市に4年半住んでいた。香川県人として徳島に羨ましいものが2つある。阿波踊り吉野川である。阿波踊りはすくなくとも3回は見た。すばらしいコンテンツである。世界のどこに出しても恥ずかしくない日本を代表する踊りである(ただし、例えば今年他府県から来た大学生などと、小さい時から徳島で育った人、プロの踊り手では雲泥の差がある)。

 私は、最強のコンテンツである阿波踊りが赤字になる筈がないと信じているが、いろいろやってみてもどうしても赤字が出るようであれば、徳島市が例えば年間3千万円とか予算化し、監査もしっかりやればいい。いままでのようなどんぶり勘定では支援すべきではない。

 (私がこのようなことを言うのも、2年前自治会活動をしたからである。自治会連合会などで、収支不明朗な自治会がたくさんあり、中には自治会の金を商売の資金繰りにあて警察沙汰になった人もいるというのを見聞きした)

阿波踊り ぜひ1本化を!

 いずれにしても、観光客、市民、ほとんどの踊り手にとっては関係のない話。観光客・市民は素晴らしい踊りを見聞き(音楽、雰囲気も重要)したいし、ほとんどの踊り手は気持ちよく踊りたいだけ。

 (徳島に4年半いただけの私でも〝ぞめき〟を聞いただけで体が動きそうになる。この写真を見ただけで〝ヤットナー〟という幻聴が聞こえてくる)

阿波踊り ぜひ1本化を!

 幹部は、過去のやり方、今年のやり方などをかえりみて、お互いに歩み寄って、来年はぜひ一本化してほしい。それがみんなの願い。このままでは「阿波踊り」というブランドに傷がつく(隣県人からみて〝なんともったいないことをしよんなぁー〟という感じ)。一本化し、最強のコンテンツである阿波踊りにさらに磨きをかけてほしい。

阿波踊り ぜひ1本化を!
 香川県立図書館・文書館は、お盆休みで、一般人、家族連れ、生徒・学生で満席。

阿波踊り ぜひ1本化を!
 「いきなりステーキ」は間もなくオープン4カ月になるが、いつ見ても10人前後が順番待ちで並んでいる。

阿波踊り ぜひ1本化を!
 香東川の河口から1.5キロほど上流の中州にたくさんのカモメが休んでいる。



以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター