FC2ブログ

朝日新聞系、毎日新聞系はデタラメ①

朝日新聞系、毎日新聞系はデタラメ
 朝起きて驚いた!!台風25号で暴風雨になっていると思っていたのにほぼピーカン!予想より北にそれた。「赤坂自民亭」に関し室井佑月がアホなことを書いていたが、自然は計れない。
(それにしても暑い!34度C!)

朝日新聞系、毎日新聞系はデタラメ
クローズアップ』 今野敏 (集英社)

A「檀秀人は一貫して脱原発・反原発だったはずだ。どうしてあんな発言をしたんだろう……」
B「文脈を無視して、揚げ足取りができる言葉だけを抜き出したんですよ」
A「……まったく逆の意味じゃないか」
B「そう。編集のマジックですね。写真のトリミングと同じことです。どんなに発言に注意したところで、作為的に編集されるのですから、気のつけようがありませんよ」「マスコミが本気になれば、国会議員の一人や二人、葬れると、本気で思っているやつがいるんですよ」

朝日新聞系、毎日新聞系はデタラメ
宣戦布告・下』 麻生幾 (集英社)

「テレビ朝日が緊急企画した深夜のパネルディスカッション」

プロデューサー「自衛隊を批判対象にしたほうが混乱を余計に大きくできそうだ。そのために朝鮮会(朝鮮総連)を〝被害者〟として演出する。平穏無事なんてどこが面白いんだ。混乱、修羅場こそ視聴率を上げる最大のポイントじゃないか。もし自衛隊の動きをストップさせられれば、それこそメディアパワーの醍醐味だ」

朝鮮会局長「全国の朝鮮人学校に通う生徒に対して、心ない悪質なイタズラが続発しています。スカートを切られたり、石を投げられたり……」

やれ!やれ!もっともめろ。プロデューサーがサブコントロールルームの中で叫んだ」

.......... ..........


 私は、これらのこと小説上のことで、全くのフィクションだと思っていた。しかし、モリカケ以来そうでもないと思うようになった。


 実際、「ブンヤ暮らし三十六年」の元朝日新聞記者の永栄 潔(ながえ・きよし)さんだったかが(ひょっとして朝日記者50数年の長谷川煕(ひろし)さんか)書いていた。上記の「スカートを切られた女子生徒」はある朝鮮総連の幹部の娘で、記事にしたのは特定の朝日新聞記者とのこと。私は過去この種の記事を2回見た記憶がある。数十年経って3人(総連幹部・娘・朝日記者)のヤラセであったことを知った。

 また、朝日新聞社内では、時々、日本共産党員細胞だけの会議が開かれていたという。

 1993年にテレビ朝日・椿事件というのがあった。テレビ朝日取締役報道局長の椿貞良(つばき・さだよし)氏が、日本民間放送連盟(民放連)の会合で、「今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、反自民の連立政権を成立させる手助けとなる報道をしよう」と言って大問題になった。どうりで、「ニュースステーション」などがおかしかったわけである。

朝日新聞系、毎日新聞系はデタラメ
 讀賣新聞17年8月22日意見広告
 加計問題でテレビキー局6局合計で、前川喜平氏の言い分を2時間33分流したのに対し、加戸守行・前愛媛県知事の言い分は6分原英史(えいじ)国家戦略特区WG委員はわずか2分半しか流していない。デタラメ極まる!!

朝日新聞系、毎日新聞系はデタラメ
 
 加計問題のキーマンである加戸守行・前愛媛県知事の国会での証言を朝日新聞と毎日新聞は、一般記事で全く紹介していない。細かい文字の詳報でわずかに部分的に取り上げただけ。デタラメ極まる!!

 加戸前知事の話を聞くと、加計問題は「問題」ではなくなるからである。朝日、毎日、テレ朝、TBSなどと野党にとって都合が悪いからである。半世紀以上にわたって獣医学部をつくらせず、既得権益層同士が癒着し、日本の獣医学のレベルを世界に劣後させたことが問題。これこそ議論すべき問題である。

朝日新聞は四面楚歌になりつつある
月刊WILL17年9月号
 
 長谷川煕さんは2000年頃AERAの記者をしていて、口蹄疫、鳥インフルエンザなどの取材をした。取材して分かったことは、
 
 ①日本の獣医学のレベルが極めて低いことに驚愕した(獣医師界の反対で、政官業が癒着し、50年以上獣医学部の新設がないため、競争がなくぬるま湯状態)。欧米から相当遅れている。
 
 ②公務員獣医師、産業動物獣医師の数が足りない、の2点。

獣医師界の策謀
朝日新聞18年2月3日
 
 日本の18歳人口は1992年の205万人をピークに年々減少している。しかるに文科省は毎年大学を増やしている。今では私大の4割が定員割れ。一方、公務員獣医師、産業動物獣医師は不足している。新しい人畜共通感染症も出現している。しかし、新しい獣医学校は半世紀以上も作られていない。日本の獣医学は世界に劣後している。こういうことこそ議論すべき。

朝日新聞系、毎日新聞系はデタラメ
朝日新聞18年9月22日

 自民党総裁選にからみ、明らかに安倍晋三氏をおとしめ、石破茂氏を持ち上げる記事が目立った。印象操作がヒドイ!

 先の衆議院選挙で安倍首相が秋葉原駅前で応援演説をしている周りを反対派が取り囲み、ラウドスピーカーでの「安倍やめろ」コール、かねや太鼓、プラカードで演説を妨害するのを、「こんな人たちに負けるわけにいかないんです!」と安倍首相が言ったところ、一般国民に言ったかのように言葉尻をとらえ何度も何度も報道した。あきらかにフェイクニュース!

 また、このとき、TBSの記者が森友学園の籠池泰典(かごいけ・やすのり)氏を秋葉原駅前までタクシーに同乗させ案内、ニュースを作ったことも知られている。ヤラセもいいとこ。

朝日新聞系、毎日新聞系はデタラメ
週刊朝日18年9月7日号
 朝日のちょうちん持ちの室井佑月が、反安倍ならなんでもいいとばかりに「石破!石破!石破!」
 
 そういうえば、AERAにもよく出ていた前川喜平・元文科省エロ次官が、最近週刊朝日で人生相談のようなことをやらかしている。こんなやからに人生相談などすると確実に人生を誤る。私が一番信じられないのが、日本一の歓楽街で、裏の世界の最もややこしい新宿歌舞伎町の出会い系バーに週に2回も3回も通ってバレないと思っていたこと。暴対や公安が監視しているのは100%確実!バカの極致。

朝日新聞系、毎日新聞系はデタラメ
サンデー毎日18年9月16日号
朝日新聞系、毎日新聞系はデタラメ①
サンデー毎日18年10月7日号

 自民党総裁選が終わってからパタッと止んだが、それまで毎号毎号手を変え品を変え、飽きもせず、毎日の倉重篤郎(くらしげ・あつろう)反安倍の論陣を張っていた

 倉重さんは昔はこんなでなかったように記憶している。脳梗塞でも起こしているのではないか?安倍首相との記者会見で一国の首相を「あんた」呼ばわりし、滔々と演説を始めたりして、ネット空間ではとくに若者に毛嫌いされている。サンデー毎日は、大学受験と反安倍で売っている。牧太郎氏もそろそろだし…。大学受験誌としてはどうか知らないが、愛読者も先細りしているのは間違いない。余命3年くらいか?


 革マル派が支配しているJR東日本労組(立民の枝野幸男議員との関係が深い)の3分の2にあたる3万2千人以上が脱退した大事件を報道しないし、関西生コン労組幹部7人が恐喝未遂で逮捕された件もまともに報道しない。恐喝でここ10年くらいで100億円集めたとも言われている。立民の辻元清美議員との関係も深いとされている。


 朝日新聞、毎日新聞、テレビ朝日、TBSなどは特に注意が必要である!


つづく


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター