FC2ブログ

(再掲)朝鮮総督府の政策


 韓国が文在寅(ムン・ジェイン)左派政権になってから、心配していたことが次々に起こっているどんどん北朝鮮寄りになっている。それでなくてもコリアンは約束を守らない、自分に都合が悪くなったらゴールポストを動かす、事実を事実として認めない、等々と言われてきた。

 先日は、文大統領自身が任命した最高裁長官が率いる最高裁が、徴用工訴訟で初の日本企業に賠償を命じる判決を下した。これは1965年の日韓請求権協定で解決済みの問題である。このことは、文大統領の師匠にあたる盧武絃(ノ・ムヒョン)大統領も認めていたこと。元徴用工には韓国政府が支払うのがスジ。本当に国家の体をなしていない国、オドシ、スカシ、ソネミ、タカリ、イチャモンの国である。


 2014年4月7日のブログ「朝鮮総督府の政策」を再掲いたします。


.......... ..........


朝鮮総督府政策
 併合前のソウル(南大門)
朝鮮総督府政策
 併合前のソウル
朝鮮総督府政策 
 併合後のソウル
朝鮮総督府政策
 併合後のソウル(京城駅)
朝鮮総督府政策
 併合後(肥料工場)
朝鮮総督府政策
 併合後(水豊ダム)
朝鮮総督府の政策 
 水間政憲さん (PHP研究所)

..............................................................................

(再掲)朝鮮総督府の政策
 高松市鬼無町の衣掛池の夕日





  (再掲)朝鮮総督府の政策


 図書館で借りた朝鮮ものの本の中からいいと思った本は書店に注文した。しかし、どうしても欲しいシャルル・ダレ神父の『朝鮮事情』(平凡社・東洋文庫)が絶版のためか手に入らない。中古本でも手に入れたいと思い「朝鮮事情」でネット検索した。

 すると、「日本併合前後の朝鮮の写真―日本の現在」というブログがあった。大変興味深い。日本でいえば奈良時代のようであった朝鮮が、日本の資本・技術・情熱などで一気に近代国家に変貌した。それにもかかわらず、現在の韓国・北朝鮮を見る限り、残念ながら、李氏朝鮮の悪しき伝統を引きずっていると言わざるを得ない。

 一部を転載します。興味のある方はネット検索してみて下さい。


........... .......... ............


【朝鮮総督府政策一覧】
併合時(1910)~終戦時(1945)

■ 教育の普及 ほぼ皆無 → 小学校5,213校建設、生徒数2,389,135人。
■ 京城帝国大学創設(1924)、旧ソウル師範学校(現ソウル大学)、梨花女子大など1000校以上建設
■ 朝鮮国民に教育を実施し、就学率を61%まで高めた(1944)
  (ハングルを整備し体系化させ、漢字、日本語と共に普及させた)
■ 識字率  3-8% → 80%
■ 人口 1313万人 → 2,512万人(1944)
■ 平均寿命 24歳 → 56歳
■ 鉄道 3,827km敷設
■ 耕地面積 246万町歩 →449万町歩
■ 水田面積 84万町歩 →162万町歩(1928)
■ 石高(米の生産量)約1千万石 →2千万石(1930)
■ 反当たり収量 0.49石 →1.49(3倍)
■ 植林 禿山に30年間で5億9千万本を植林
■ ため池(韓国国内のため池の半分は、いまだ日本帝国謹製)
■ 朝鮮の不統一な度量衡を統一し、貨幣価値の安定と物資の流通に資した
  (モノを受けるときは大きなマス、売るときは小さなマスを使っていた両班ヤンバンの特権剥奪)
■ 地籍の整備 耕地を耕作者の所有とみなし、朝鮮の大多数を占める農民の地位と生活を向上させた
■ カオスな朝鮮半島に、人身の自由、私有財産の保障、法のもとの平等を導入
■ 幼児キーセンと呪術的医療の禁止
■ 李氏朝鮮の残虐な拷問を廃止
 (日本人相手に殺人を犯した金九でさえも一年半で刑期を終えるように罪刑法定主義を徹底)
■ 家畜階級にあった朝鮮女性に対して名前をつけるように要求し、家長の権限を制限
■ 洪中将、金ウンソン少将など、朝鮮人を分け隔てなく扱い、軍の高位に抜擢

■ 強盗件数
昭和2年   1771件
昭和7年   1261件
昭和12年  727件
昭和17年  394件
 ( 強盗件数:朝鮮総督府『統計年報』より)


日韓併合後、日本は朝鮮半島を日本本土と同じと考え、日本国民の莫大な税金(国家予算の約2割)を注いで、日本の奈良時代のようであった朝鮮を近代化した。

日本の敗戦後、韓国はアメリカによって独立し、結果的に日韓併合は日本に莫大な経済的損失をもたらした。

 
 イギリス、フランス、オランダなどは、植民地が独立する際、残していくインフラなどの莫大な資産価額を請求したが、日本はしなかった。むしろ、1965年の日韓基本条約で当時の韓国の国家予算の2倍以上にあたる計8億ドル(その他技術援助)を無償、有償で与え、当時の朴正煕大統領はこれを主にインフラに投じ、〝漢江(かんこう)の奇跡〟という驚異的な経済成長を成し遂げた


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター