FC2ブログ

AIで仕事が変わり始めた

AIで仕事が変わり始めた
 日経新聞18年9月9日
AIで仕事が変わり始めた
 讀賣新聞18年9月11日
AIで仕事が変わり始めた
 毎日新聞18年9月9日

 AIといえば、新井紀子(あらい・のりこ)教授松尾豊東大准教授が有名。新井さんは、AI時代の子育ては「読解力」だと言い切っている。「AIに不得意なのは読解力と常識」だというから少し安心する。

AIで仕事が変わり始めた
 今野敏さん「隠蔽捜査シリーズ」 (新潮文庫)
 竜崎伸也・大森署長が主人公。面白い!

..........................................................................................

AIで仕事が変わり始めた
 毎日新聞18年10月12日 仲畑流万能川柳

 「手も顔も肘も踵もニベアです」 (佐倉・繁本 千秋さん)

 私は40年以上、夏はシーブリーズ、それ以外の季節はニベア(さっぱりタイプ)。
 ニベアはドイツで100年以上、日本で50年の歴史がある。

 シーブリーズといえば、今は資生堂が製造販売PRし大勢の人が知っているが、以前は違った。昔読んだアメリカ小説(翻訳もの)に「ボクは海の嵐を塗って出かけた」というような表現があった。私は少し考えてシーブリーズと分かったが、翻訳者や校閲者、編集者は知らなかったのだろう。ほとんどの読者はなんのこっちゃ状態だったと思われる。案外、この種の翻訳は多いかも。

AIで仕事が変わり始めた
 よく行く喫茶店の近くの小さな神社。
 大きなのは桜の木であるが、ほとんど散ってしまった。
AIで仕事が変わり始めた
 11月の商売のお礼と報告に近くの神社に行った。夕方5時前であったが、もう薄暗くなっていた。
 口笛を吹くと、早速お母さん(お婆さん?)猫が寄ってきた。

AIで仕事が変わり始めた
 洗面所に庭の萩の枝を切ってコップに差していたが、3カ月ほどして紅葉してきた。3日に1度ほど水を変えているだけ。
 銅イオンがいいと聞いた覚えがあり、10円玉を3枚入れている。





 AIで仕事が変わり始めた


 ■ 日経新聞18年9月9日の記事を抜粋してご紹介します。


 自治体業務、職員半減でも維持
 総務省 AI導入支援、人口減に備え


 総務省は人工知能(AI)や事務処理の自動化技術などを導入する自治体の支援に乗りだす。介護の審査のような膨大な手間と時間がかかる仕事を効率化することを目指す。

 人口減や少子高齢化で地方公務員も減少が予想される。2040年ごろを想定して、現在の半数の職員でも地域の行政機能を維持できるように自治体のIT(情報技術)化を加速する方針だ。

 AI導入は19~20年度に各4地域をモデルに選び、官民一体で実証事業に取り組んでもらう。

 AIを試行的に活用した成功例もある。さいたま市では延べ1500時間かかっていた保育所の入所調整が選考ルールを学習したAIでは数秒で完了し、職員による実際の選考結果とほぼ一致した。作業が速くなる分、申請者への通知が早くなるなど住民サービスの向上につながる。




 ■ 讀賣新聞18年9月11日の記事を抜粋してご紹介します。


 保育所入所選考 AIの力
 600時間→→→数秒  結果通知10日早く
 高松市導入へ マッチングより丁寧に


 高松市は、幼児の保育施設の入所選考にAI(人工知能)を導入する。複雑な事務の作業時間を短縮することで希望者との面談時間を増やしたり、より早く結果を通知したりすることができ、サービス向上を目指す。来年度入所の申請から利用する予定。  (松本慎平さん)

 市こども園運営課によると、現在の選考は、保護者が申請で第5希望まで挙げ、勤務時間や健康状態などを点数化した基準点と、世帯状況や希望条件などを点数化した調整点を合計し、点数が高い順に希望する保育施設に割り振っている。

 今年度入所分は1万31人から申請があった。職員4人が担当し、点数化の作業に計600時間を要しているが、AIを導入すると、数秒で完了するという。

 同課は作業時間の短縮により、2月末だった保護者への結果通知が10日ほど早くできるとみており、保護者が復職などの手続きをその分早く進められるメリットがあるとしている。



 香川県、音声認識アプリで会見録
 2時間→→→50分


 香川県は7月から知事の定例会見の会見録を、AIの音声認識アプリを使って作成している

 これまでは担当職員が会見を録音したICレコーダーを聞き直して作成していた。同アプリでは、知事や記者が話した言葉が自動的に文字変換され、タブレットの画面上に表示されるようになった。

 言葉の聞き間違いや誤変換などは生じるが、職員がその都度修正して対応。終了後に全体を確認して、会見録を完成させている。導入1回目の記者会見では、30分の会見録を50分で作成した。これまでは2時間かかっていたという。

 記者会見意外にも、庁舎内での会議録の作成にも使われており、業務の効率化につながっているという。


..............................................................................................................


(感想・意見など)

 英オックスフォード大学は、今後AI時代になると、人間の仕事は半減すると言っている

 今後、10年から15年で世の中がガラリと変わるのは間違いない。今から23年前、ウィンドウズ95登場でパソコン操作、Eメールは普通のことになった。携帯電話(ガラケー)も同じころに当たり前になった。

 その頃は今のようにみんながスマホを使うようになるとは思いもしなかった。 携帯からスマホに変わり出したのは2010年ごろからか?現在は、電車やバスに乗っても、喫茶店に行っても、半数の人はスマホをいじっている。

 あと10年から15年のちにはAIが仕事の仕方を大幅に変えているのは間違いない。自動運転にしてもAIが中心技術。世の中がガラリと変わる。


 わたしがサラリーマン時代、取締役会議や様々な会議の議事録作成に膨大な時間を費やしてきた。会議中のメモとICレコーダーを頼りに何時間も費やしたものである。多くは休日出勤して作成していた。大変羨ましくもある。

 わたしが今野敏(こんの・びん)さんの「隠蔽捜査シリーズ」に深く共感するのは、主人公の竜崎伸也・大森署長が膨大な判子押し作業に忙殺されているさまにリアリティを感じているからである。わたしがサラリーマンのときもまさにそうであった。もしAIに国の法令や判例、自治体の条例、会社の規則などを学習させ、人間が判断すべきこととAI(機械)が判断できることを選別できるなら、時間をもっと創造的なことに使うことができるようになる

 あらゆることがそうである。例えば、癌の診断。AIは1万であれ100万であれ、過去の症例を学習するのは朝飯前。ほとんどの人間の医師より優秀になり得ると思われる。

 新聞社では、AIに簡単な記事を書かす試みをしている。政府や企業発表記事などは先の香川県の例のように今すぐにでも出来る(AIが8割方作成し、人間が若干修正する)。AIが今後、人間の仕事のかなりの部分を代替していくのは間違いない。不安が募るが、AIが専門の新井紀子教授が「AIに不得意なのは読解力と常識」と言っているのには少し勇気づけられる。それにしても、どんな世の中になることやら。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター