FC2ブログ

次のマイカーをどうしようか?

 次のマイカーをどうしようか?

次のマイカーをどうしようか?
 わたしの理想の車。日産ブルーバードP510型。1600cc。OHCエンジン、四輪独立懸架など先進技術が盛り込まれていた。サファリラリーで優勝したこともある。日産の絶頂期の車。製造1967年~72年。わたしは実際に所有したことはないが、30年以上乗っていたファンはざらにいた。名車。

次のマイカーをどうしようか?
 先日、半日ほどレンタルしたホンダS660。2シーターで、荷室はほとんどなく、ファーストカーとしてはちょっとムリ。

次のマイカーをどうしようか?
 左:スズキ・ジムニーシエラ1500cc,右:スズキ・ジムニー660cc。どちらにするか迷うところ。狭い山道などでは無敵。世界的人気車種でバックオーダーを沢山かかえている。

次のマイカーをどうしようか?
 ホンダN-VAN660cc。ホンダらしい工夫に満ちた商用車&ホビー車。興味がある

次のマイカーをどうしようか?
 ホンダN-BOX660cc。大ベストセラーカー。 

 わたしの今の車は初代ホンダフイット1300cc。Aピラーが太すぎるのが欠点でそれ以外特に不満はない。大きさもちょうどいい。現在14.5年目、11.5万キロ走行。ジャダー(発進時の微振動)が多少ある。


 フィットの前はホンダアコードに17.5年乗っていた。その点検時の代車がフィット。思ったより車内は広いし、実にイージーにキビキビ走る。「これで充分じゃないか!」で、次のマイカーはフィットになった次第。


 恐らく、あと10年もすると自動運転車は普通になり、カーシエアも当たり前になっているはず。とすると、次の車が最後のマイカーになる。今の車には愛着があり、半年ごとに点検に出しているので機嫌よく走ってくれる。しかし、年末には車検が控えているので買い替えどきではある。

 先日、フィット6カ月点検時に代車としてN-BOXを借りた(たまたま)。ターボ付きであったこともあってか、車幅は狭いが、走りはコンパクトカー(1000~1300cc)と変わらない。中は広い。よく出来ている。さすがはベストセラーカー。

 その前の点検時にはホンダフリード1500ccであった。これもよくできた車で、4名以下乗車ならほとんど文句のつけようがない。しかし、フィットの新型が早ければこの秋にも出るといわれている。しばらく楽しく悩みそう。

.........................................................................................................

次のマイカーをどうしようか?
 (草思社)

 島下さんの、以上の車に対する評価は、私とほとんど同じである。

次のマイカーをどうしようか?
 スズキ・スイフトスポーツ1400ccターボ。

 乗ったことはないが気になる車。車評論家10人が10人同じことを言う。①走りがいい。②性能の割に安い(190~200万くらい)。機会があれば乗ってみたい。場合によっては候補になるかも。

 ホンダN-WGN、ダイハツ・タントは今年7月にモデルチェンジの予定。情報によるとどちらも魅力的。

 古い話だが、2011年10月にマツダ・デミオのレンタカーで東北地方の海岸線を走り回った。九十九折れなど走っていて楽しかった。現行車もそのDNAは受けついているはず。

 古い話ついで。レンタカーでヴィッツ派生車のベルタ(4ドアセダン)とist(イスト)を借りたことがある。両方ともひどいものであったが、特にベルタは直進性能とブレーキの効きに問題があった。車固有の問題というよりも、レンタカー会社の整備に問題があった可能性がある。

次のマイカーをどうしようか?
 四国新聞2019年5月20日

 「四国地域について注目すべきなのは、保有車両数に占める軽自動車の比率が51.2%と全国9ブロックの中で最も高いということです。香川県においても48.9%(同)となっており、全国平均より9ポイント高くなっています」

次のマイカーをどうしようか?
 朝日新聞2019年5月29日

このニュースを最初に見たとき、「弱者連合!?」と思ってしまった。規模が大きければいいというものではない。 

次のマイカーをどうしようか?
  紫雲山ハイキングコース
次のマイカーをどうしようか?
 香東川東岸

 わたしは信号機のないこういう道や川の狭い側道を好んで走るので、小さい車(車幅1.7m以下)がいい。狭い道で対向車とすれ違うことが多いので、車の左側は、草花や木、竹藪などで擦りまくり。


 もし私に数億円の金があれば、日産GT-RやホンダNSX、トヨタスープラ、トヨタセンチュリー、ポルシェ911などの高級車を買って、納屋などに保管しておく。1964年だったかにセイコーがクオーツ時計を発売してからスイスの百万円、千万円単位の時計の値打ちが上がったようなことが10年後、20年後におきると思われる。


 数億円の金とは縁がないので、しばらく楽しく悩むことにしよう。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター