FC2ブログ

考え方を変えることによって何とかなる。

安倍の葬式はうち(朝日)で出す
 (東洋経済新報社) 1512円 ★★★★★

考え方を変えることによって何とかなる。
 「こだわり麺や」 カレー玉子うどんが390円(税込)!
 営業時間にも注意。
考え方を変えることによって何とかなる。
 地場スーパーのお弁当の例 398円(税別)
 パプリカ、カボチャ、ナスなどでカラフル。

考え方を変えることによって何とかなる。
 フイットネスクラブのプールから、100m先に巨大ショッピングセンターが見える。水中ウォーキングをしながら、あのSCには何万種類もの商品やサービスがあるが、どうしても欲しいものは特にないなぁ、などと考える。

 木曜日の夜、NHKの番組で「世界はほしいモノにあふれてる」という番組があるが、1分と見る気にならない。どうでもいいこと。

.......................................................................................................

考え方を変えることによって何とかなる。
 昨日の本津川。カラカラだったが、このように流れる本津川は久しぶり。
考え方を変えることによって何とかなる。
 本津川堤防などに咲いている黄色い花。日本中で嫌われているオオキンケイギク(特定外来生物)か?
 今年はそれほど見ない。2・3年前はいたるところで咲いていた。
考え方を変えることによって何とかなる。
 本津川近く(鬼無町)の耕作放棄地の一角に咲いている花。
考え方を変えることによって何とかなる。
 その近くの水路に咲いているドクダミ
 日曜日は自治会の春季大掃除。わが班は朝8時から溝掃除をした。田植えが始まった。





 考え方を変えることによって何とかなる。


 「老後の資産2000万円」問題で姦(かしま)しい
 第三の道として、「考え方を変える」という方法がある。

 それを実践中の元朝日新聞編集委員の稲垣えみ子さんの例をみてみたい。

 『魂の退社』から適宜抜粋してご紹介したい。


.......... .......... ...........


 うどん県に流される

 当時38歳。人生の折り返し地点を目前に控えた私は、大阪版デスクから、四国は香川県の高松総局デスクへの異動を命じられた。正直なところ、まったく寝耳に水であった。

 私はまず物理的に、そして非常にネガティブな理由で、それまでの「金満生活による幸福の追求」を諦めざるをえなかった(それまでの彼女は、高給もあり、洋服・化粧品・飲食等々、めちゃくちゃなお金の使い方をしてきた。「金満生活」とはそのことを指す)。

 私がまず通い詰めたのが、農産物の直売所だった。
 ワイルドである。面白い。そして何よりこんな場所は都会ではありえないというのが嬉しかった。
 洋服を買うのに(あんまり)劣らぬ楽しさなのにこの価格!

 直売所は私にとって、お金がなくても楽しめる場所であったばかりか、「ない」ことの方が「ある」ことよりもむしろ豊かなんじゃないかという、それまでまったく考えたこともない発想の転換を迫る場所となったのだ。


 そして高松で見つけたもう一つの楽しみが「山歩き」

 季節ごとに、また天候によってまったく違った表情を見せる自然、その中を一人そっと分け入って行くと、一歩先に何があるのか想像がつかないことばかりである。

 こんな驚きと苦労と感激の連続を知ると、テーマパークやゲームなど、高いお金を払って楽しむ人工の娯楽がしょぼいものに見えてくる。


 そんな日々の中で、今も忘れられない出来事がある。

 せめて休日だけはと必至で早起きして山道をせっせと歩いていた時、歳の頃は70前後だろうか、ある遍路姿のおじいさんとすれ違い、いつものように「こんにちは」と挨拶を交わした私は、まったく予期していなかった激しい感情に襲われた。

 そのままテクテクと一人で歩きながら、突然ワーーーッという勢いで涙が出てきて出てきて、どうにも止まらなくなったのである。
 悲しいとか嬉しいとか、そいうことじゃないのだ。
 あえて言うならば「無」であった。
 しかし非常に激しい無。何だかわからないが、ただひたすらに、とめどなく何かが熔けていく感じなのである。
 原因は、はっきりしていた。おじいさんの笑顔に、やられたのだ。


 私はそれまでずっと、何かを得ることが幸せだと思ってきた。しかし、何かを捨てることこそが本当の幸せへの道なのかもしれない……。

 そんなこんなをああでもにこうでもないと考えているうちに、何が起きたか。
 そう、どんどんお金を使わなくなった。いや使わないというより、別に「使いたい」と思わなくなってきた。
 そしてその結果として、少しずつ、しかし着実にお金が貯まり始めたのである。


 うどんと貯蓄の深い関係

 「島流し」にあったおかげで人生における一つの知恵を獲得し、その結果としてお金を使わなくなり、さらにその結果としてお金がたまり始めたのだが、それではこれが果たして全国に数多ある他の地方に行ったとしても同じことが起きていたかというと、そうはいかなかったかもしれないと思うことがある。

 というのも、香川県というのは、実は「お金」に対して全国的にもユニークな、独特の哲学を持つ場所なのだ。

 あまり知られていないことだが、香川県が誇る2つの「日本一」がある。

 一つは、言わずと知れた「うどん」。一世帯当たりのうどん・そば消費量が、ご想像通りダントツで日本一。全国平均の2倍以上だ。私も新人時代に香川県にいた時は、警察の記者クラブで昼は必ずうどんの出前をいただいていた。

 もう一つの日本一が、一世帯当たりの平均貯蓄額が日本一なのである(2008年当時)。
 四国の経済活動というのは日本全体から見ればかなり小規模なものだ。県民だってそんなに儲けているわけではない。しかし、貯蓄率が高い。すなわち、香川県の人はお金を使わないのだ。

 で、この「うどん消費量日本一」と「貯蓄高日本一」の間には、実は密接な関係があるのではないかというのが私の仮説である。で、この仮説そのものが、私のお金に対する考え方に、実に大きな影響を与えている。

 何しろ香川県のうどんは本当に安い。「セルフ」系の店の場合、素うどんであれば1杯100円台。ここに何をのっけるかで値段は違ってくるが、めいっぱい奮発しててんぷらを3種類のっけても500円を超えることは難しい。

 なので、香川県の人は、都会で当たり前の、ランチに1000円以上取る店には行きたがらない。なぜなら、彼らが必ず言うセリフが「それやったらうどん〇〇杯食べられる」。つまり、うどん1杯というのが、彼らのものの値段を考える際の「単位」となっているのだ。「円」ではなく「うどん」


 兎にも角にも、私も讃岐という地に縁を得て、お金を使わぬ暮らしがすっかり身につき、まさに人生の折り返し地点において「お金を使わなくてもハッピーなライフスタイル」を着実に身につけていくことになったのである。


 会社員生活と50歳

 そして、思えばこの頃、私は記念すべき一言を発したのでした。
 それは高松の親しい友人と話をしていた時のこと。

 新聞社という会社には頻繁な転勤がつきもので、たまたまそんなことが話題にのぼり、彼女が「えーっ、いややわー、寂しいわあそんなん。もう会社辞めて高松に住んだらええのに」と言った。

 こちらも、本来なら軽く受け流すべきところであった。
 しかしその時、私の頭の中で彼女の言葉は妙に引っかかったのである。
 会社を、辞める?
 そんなことは。それまで考えたこともなかった。せっかく安定した会社に就職し、その中でそれなりに戦って、何とかかんとかここまでやってきたのだ。

 この時、ほんのチラリとだが、心の中で「それ…もしかして…アリかも……」という思いが点滅したのだと思う。なぜなら私は、気づけばこんな風に考えていたからだ。
 「いや、50までは辞められない。50になったら、考える」

 で、なぜこんなことを言ったのか。今振り返ると、一つはやはり、当地にて「お金がなくても幸せに生きていく方法」を発見しつつあったことがなんといっても大きかったと思う。


...........................................................................................................................


(感想・意見など)

 ここまでで約3分の1。長くなり過ぎるのでここでやめる。

 このあと彼女は50歳で朝日新聞社を辞め、本格的なエコ生活(例えば電気代月数百円)に入っていく。その様子は、朝日新聞の週刊誌AERAに連載している。

 私も30台の半ばまでシンプルライフをモットーにしていた。2度目の松山勤務のとき、仕事が忙しいので借上げ社宅(民間マンション)を見に行かず前任者のあとに入ったため、広過ぎて、自然にモノが増えていった。だからといって、それでハッピーになったわけではない。逆にモノにとらわれるようになった気もする。

 是非、元の本を読んでみて下さい。「50歳で辞める」という覚悟をしたためか、その後、彼女は朝日新聞社内で「改革」に励み、爪痕を残したようです。

 今日、稲垣さんのフランス・リヨンでの生活を綴った『人生はどこでもドア』(東洋経済新報社)を馴染みの宮脇書店に注文した。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター