FC2ブログ

「吉本」どうでもいい問題

「吉本」どうでもいい問題
 週刊新潮2019年8月8日号
「吉本」どうでもいい問題
 朝日新聞2019年7月24日「社説」

 吉本「問題」はわざわざ社説で大上段に振りかぶって論じるような問題か? 味噌も糞も一緒にすべきではない。
 慰安婦問題で30数年間にわたり嘘ばかりを報道し、世界中に慰安婦像を建てられ日本の品位を落とし、日韓関係を危うくする元を作った新聞社が偉そうに言うんじゃない!!

......................................................................................................

「吉本」どうでもいい問題
 昭和町の高松中央図書館前から西に向かって車道を減らして自転車道を作る工事をしている。

 私が工事をしている人(A,B,Cさん)に「また、市はしょうもないことをして」と言うと、
 Aさん「僕もそう思う」
 Bさん「税金の無駄遣いや」
 Cさん「(100m西にJRの踏切があるが)朝の通勤・通学時間帯なんか5分、10分おきに踏切が閉まるので渋滞で大変よ」

「吉本」どうでもいい問題
 昼過ぎ、踏切が閉まらなくてもこのありさま。市のアホウの考えていることが分からない。
 あと10年もすれば自動運転、カーシェアが普及しているだろうから分からなくもないが。

「吉本」どうでもいい問題
 朝一、新聞を取りに行くとき「蜘蛛の巣払い棒」を持っていく。
「吉本」どうでもいい問題
 クマゼミ。朝は一生懸命鳴いているので少々近づいても問題はない。夕方帰ってきた時はちょっとしたことで飛び立つ。






 「吉本」どうでもいい問題


 もう数十年前になるが、松山にいた時、会社が南海放送(日本テレビ系列)で広告を打ったことがある。そのとき放送局の営業担当者に「契約書とかは交わさないんでしょうか?」と聞いたことがある。返答は、「この業界は面白くて、何百万円であろうが口約束で、契約書は交わしません」というもの。今も同様かどうかは知らない。

 私は脱サラして商売しだして約15年になる。その間広告宣伝費に千万円単位を費やしたが、契約書なるものを交わしたことは一度もない。業界の慣行なのだろう。それで不都合はなかった。


 最近ますます、朝日新聞や毎日新聞などが、自分のことは棚に上げて、「コンプライアンス」だとか「ヘイト」だとか「人権」だとか「モラル」だとか言い過ぎる。うるさくってしょうがない。

 この両新聞は、1931年の満州事変以降、日本の重要な局面で間違ってばかり。この両新聞の主張の反対がほぼ正しかった。よくもこれだけ間違えられるものだと感心する。特に、朝日新聞がひどい。そのくせ己の所業を恥ずかしがりもせず、何故か威張っている。

 そういえば、われわれのときは1クラスに60人弱いたが、1人はそんな奴がいたなぁ。お勉強はよくできるのだが、どこかしらピントの外れた奴が。ああいう奴が朝日新聞などにいったのかしら。


 週刊新潮2019年8月8日号はそのあたりのことを突いていて面白い。少し編集してご紹介します。


........... .......... ...........


「吉本問題、謝罪が遅い」と叱る朝日新聞「慰安婦誤報」の謝罪に30年かかった矛盾
2019年8月8日号 週刊新潮


「芸人と反社」の関係を問うた世間の怒り。それは今や「お笑いの殿堂」に向かい、吉本叩きが燎原の火の如く拡がっている。大新聞は大上段にトンチンカンなお題目を並べ、公取まで仰々しく介入する事態に発展したが、そもそも我々はお笑い芸人に何を求めているのか。


 かつて羽織ゴロ、すなわち羽織を着たゴロツキと呼ばれた新聞記者の本領発揮か、はたまた……。

〈吉本社長会見 これでは旧弊を正せぬ〉(朝日新聞)

〈反社会勢力と芸人 古い体質変え関係断絶を〉(毎日新聞)

朝日、毎日という全国紙が相前後し、お笑い界のガリバーの混乱に乗じて、社説で「吉本批判」を展開したのだった。

いずれも、コンプライアンス(法令順守)徹底時代に反社との関係断絶は必須、圧倒的な数の食えない芸人を放置すれば反社はたちどころに甘言を弄して近づく……などと、それこそ食えない内容である。毎日よりも読後の溜め息が深くて長い朝日を俎上に載せることにしよう。


中身をざっと紹介すると、

(1)芸人らが危うい仕事にも走る背景には、不安定な立場と苦しい生活状況があるといわれる。

(2)「闇営業」問題が報じられて約1カ月半。ようやく公の場で謝罪したものの、この間の会社としての動きはあまりに遅く、不透明だった。

(3)社長も会長も辞任はせず、報酬5割減にとどめるという。ことの重大性がわかっていないのではないか。吉本興業はお笑い界をリードする存在であり、社会への影響が大きい分、責任も重い。


まずは(1)について。そもそも生き馬の目を抜く芸人の世界である。そこには一攫千金を夢見る人間たち、実力で伸し上がろうと弱肉強食の教えを奉じる者たちが集っている。成功者は当然、億を超える額を稼ぎ、しがないサラリーマンには成し得ないドリームを実現する。逆にメジャーになれない者は、才能が無いのだから自ら数年で去る他ない。島田紳助は「10年やって上がれんやつは辞めるしかない」と語っていたが……。

成功者になれなかった場合の「苦しい生活状況」に手を差し伸べるべく、最低保障をというのは「いいとこ取り」で虫が良すぎやしないか。

吉本は一流、超一流へのチャンスとなる舞台を与えているだけであって、芸人が6千人いるからといって社員6千人の大企業とはワケが違う。それを同列に論じようとするから道理が通らなくなるのだ。


そして(2)については、「従軍慰安婦誤報」問題がどうしても頭を過(よぎ)る。

1982年9月2日付朝刊(大阪本社版)に始まる一連の報道は、“稀代の詐話師”こと吉田清治氏による「1週間に済州島で200人の若い朝鮮人女性を狩り出した」というホラ話に乗っかった結果だ。その後、この吉田氏を少なくとも16回、紙面に登場させている。

2014年8月、〈慰安婦問題 どう伝えたか〉と大特集を組んで検証を行なって、「裏付け取材が不十分だった」とはしたものの、自らを正当化する論理に終始していた。

そして2014年9月11日、当時の木村伊量社長が会見で、「訂正が遅きに失したことについて、読者にお詫び申し上げる」と謝罪するに至る。報道から30年余が経過してのことであり、当の検証記事からも1カ月が経過している。闇営業報道から1カ月半での謝罪を「ようやく」などと断じるのは、勘違いも甚だしくはないか。


(3)については、前述9月11日の会見で木村社長は辞任表明せず、実際に辞任するのは、12月を待たねばならなかった。これでは、「他人に厳しく自分に甘い朝日」と詰(なじ)られても致し方ないだろう。



世の中のことを…

 他方、朝日と同様に世間の風を読んだのか、誰もボケてないのに、公正取引委員会がツッコミを入れた一件がある。吉本が所属芸人との間に契約書を交わしていないことについて、事務方トップが「問題あり」としたものだ。このツッコミを受け、吉本側も希望者とは書面契約するというボケをかまし……否、その方針を固めたというから驚く。

 公取のツッコミもまた現実離れした論理である。吉本に利益をもたらす芸人は一握りの1割程度。となると、ウリのない残りの5400人との契約が成立するわけがない。芸人を思っての施策が逆に芸人を殺すことになりかねないのだ。


 元毎日新聞記者でジャーナリストの徳岡孝夫氏は、

そもそもこの問題、新聞が社説で大上段に扱うようなテーマですかね

 と根本的な疑問を呈し、

「社説で言い張っているのは、教養もあり、文章も書ける人かわかりませんけど、世の中のことをもうちょっと知ってもらわなあかんなという気もするんですよね」

 と、関西弁で続ける。

“お前がやっていることはおもろない”と言われたらしゃあないですよ。お客さんからの理不尽な罵声の中で生き、あるいは死に、芸が通じたりあるいは通じなかったりする世界で、腐ってしまう芸人が出てくるのは仕方ないです。出直してこいということなんじゃないでしょうか」

 世の中のことを一番よく知っていたから、朝日の論説委員になったのではなかったか。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター