FC2ブログ

韓国で喜ばれる人々

韓国で喜ばれる人々
 
 8月30日、初めてテレビ朝日系「木下容子ワイド!スクランブル」を録画して見た。
 新聞のテレビ欄に「もはや制御不能!?韓国大統領『一度の合意で済まされない』とあったからである。

 ご存知のように、テレビ朝日は朝日新聞の系列TBSは毎日新聞の系列である。ありていに言えば、どちらも左に偏っている

 私に言わせれば〝いまさら〟だけど、その左のテレビ朝日の番組が、韓国の文在寅(ムン・ジュエイン)政権のありように驚き、あきれている

 1945年までの日韓間の問題は、十数年かけて、1965年朴正煕(パク・チョンヒ)政権のときに、日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」したはずである。それを何度も何度も蒸し返す。また、それをそそのかす日本側勢力がいる

韓国で喜ばれる人々
 2005年の盧武絃(ノ・ムヒョン)政権の時代に「徴用工問題」で元「徴用工」は敗訴し、韓国政府が賠償することになった。
 このときの秘書室長が文在寅であった。

韓国で喜ばれる人々
 ところが、昨日の閣議で、文在寅大統領は下記のように言った。

 ① 日本は正直でなければならない。

 ② 日本は歴史を歪曲している。

 ③ 「一度合意したから」といって済むことではない。


① 日本が正直で約束を守る国であること、コリアンが「息を吐くように嘘をつく」ことは、世界中が知っているあらゆる問題は、コリアンが事実を直視しないこと、約束を守らないことから起きている

② 日本側歴史学者が資・史料をもとに議論をしようとしても、韓国側学者は都合が悪いと見ようともせず、「お前には韓国に対する愛情がないのか!」と怒り出す彼らにとっては、「本来あってほしかった歴史=ファンタジー=〝正しい歴史〟」。最近も日本からの資金援助・技術援助があって成し遂げた「漢江(ハンガン)の奇跡」を歴史教科書から抹殺した。こんな人たちから言われたくない。

③ 「日韓請求権協定」を破棄するなら日本にとっては願ってもないこと。無償援助の3億ドルはもちろん、古代国家であった朝鮮半島に投資した日本資産の莫大な価額を返還してもらおう。それがグローバルスタンダード。在日コリアンにもお帰り願おう。

 第一、それを言い出すと、今後韓国に投資する国はなくなる。また、莫大な金利を払わないとカネを借りられなくなる約束を守らないと公言する国にカネを貸す馬鹿はいない。恐らく、日本はカネなどまだまだカードを温存しているはず。


「親韓派」知識人が日韓関係をゆがめてきた
 それでも「コリアが正しい」というバカがまだまだいるからなぁ。つけるクスリがない。

韓国で喜ばれる人々
 
産経新聞2019年4月4日の「ソウルから」をご紹介します(強調は引用者)。


.......... .......... ..........


韓国で喜ばれる人々



 日韓知識人による「新たな100年を模索する」と銘打つ対話集会が3月末、ソウル市内であり、鳩山由紀夫元首相和田春樹東大名誉教授が講演した。

 鳩山氏は「元徴用工問題は日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決しているのではない」「韓国海軍レーダー照射問題で韓国軍に自衛隊機への攻撃の意図があったとは思えない。大騒ぎする話ではない。問題は日本の世論にあるように感じる」と明言した。

 さらに鳩山氏は、安倍晋三首相が村山談話の見直しや、慰安婦問題をめぐる河野談話の検証を表明したなどとし、「日韓関係が最悪の状況になった」「特に日本は朝鮮半島の南北分断に大きな責任を有している」とも断言した。

 和田氏に至っては「安倍首相が打ち出した拉致三原則が北朝鮮との国交正常化を妨げている」とまで言い切った。

 元首相、元駐日大使、ソウル市長、学者ら韓国側出席者は鳩山氏らの発言に一様にうなずき納得するどころか「安倍克服」という言葉まで飛び出す始末。未来志向の日韓の新たな100年よりも〝安倍たたき〟の集まりの感さえあった。

 鳩山、和田両氏は韓国で長らく、歴史認識問題をめぐり〝良心派〟と呼ばれている。ただ、こうした日本人の発言が韓国を妙に安心させ、勇気づけ、勘違いさせてもいる。  (名村隆寛記者)


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター