FC2ブログ

中国の国家資本主義の一端


中国の国家資本主義の一端

中国の国家資本主義の一端
 日経新聞2020年2月8日
中国の国家資本主義の一端
 日経新聞2020年2月8日

 かつての弟子(中国)は、今や師匠(日本)の10倍を生産する圧倒的ガリバーになった
 中国が“一帯一路〟を推進する理由のひとつ。

中国の国家資本主義の一端
 四国新聞2020年2月13日

 日本の製鉄業はメタメタ。





 韓国のポスコも中国の宝山製鉄所なども日本が援助し、指導して作った造船も、電機も、自動車もそうである。日本は甘いにもほどがある。

 戦後ずっと、朝日新聞や毎日新聞、NHK、テレビ朝日、TBSや岩波書店などは、世界はマシュマロであるかのごとくに言い広め、憲法改正も国民背番号制(今のマイナンバー)もスパイ活動防止法等にも頑強に反対し続けてきた。

 しかし、誠に残念ながら、世界は一皮むけば、いまだに「戦国時代」レベル。アメリカにシェールオイル・ガスが豊富に出るようになった途端オバマ米大統領は中東に関心を無くし、「アメリカは世界の警察官ではない」と演説し、世界各地でアルカイダ、タリバン、ISやボコ・ハラムなどの虐殺、略奪、強姦、奴隷売買など、何でもありのテロ組織等が跋扈(ばっこ)する無法地帯になってしまった。難民・移民はとどまることを知らず。


 中国は、鄧小平が日本やアメリカを訪問して自国の遅れを痛感し、1978年ごろから改革開放政策(社会主義市場経済)を進めた。「韜光養晦(とうこうようかい)」(才能を隠して、うちに力を蓄える)策を推し進め、欧米や日本に辞を低くして教えを請うていたが、習近平政権になってから自信をつけて牙をむき出し、技術を公然と盗んだり、技術の移転を強要したり、要人を賄賂で買収したり、横暴・傲慢にふるまうようになった


 かつて「鉄は国家なり」とか「産業のコメ」と言われた。いまやその製鉄分野で中国の存在は圧倒的になった。その間の動きを財務省OBの有地 浩さんがうまくまとめている。ほぼそのまま転載します。


.......... .......... ..........


呉製鉄所閉鎖のニュースでトランプを見直した理由
2020年02月13日 06:02 有地 浩(財務省OB)



先週、日本製鉄が呉製鉄所を全面的に閉鎖し、和歌山製鉄所も2基ある高炉のうち1基を休止すると発表した。このうち特に呉は、戦艦大和を建造した海軍工廠の跡地に建つ歴史ある製鉄所で、地元経済界だけでなく昔を知る人々に衝撃を与えている。


中国の国家資本主義の一端
日新製鋼呉製鉄所(Wikipedia)


かくいう私自身も、1980年代の前半に大蔵省から日本輸出入銀行(現在の国際協力銀行)に出向して、製鉄原料の鉄鉱石や原料炭の開発輸入融資を担当しており、胸が痛む思いがする。1980年の世界の粗鋼生産高は、1位のソビエト連邦の約1億5千万トンに続き、2位日本が約1億1千万トン、3位アメリカが約1億トンだった。

それが2019年には中国が世界の粗鋼生産量約18億7千万トンの半分以上となる約10億トンを生産してダントツの1位に収まり、2位のインド(1億1千万トン)、3位の日本(約1億トン)、4位アメリカ(約9千万トン、いずれもWorld Steel Associationの統計)が束になってかかっても到底相手にならない。

日本の製鉄会社は、高度経済成長が終わった後、いわゆる鉄冷えと呼ばれる需要の減退が延々と続く中で、過剰な生産設備を廃棄し、企業の合併を行い、コストダウンの努力をしてきた。

その一方で中国は、70年代の後半から日本の技術支援を受けて製鉄業の近代化を始め、改革開放政策の中で、とりわけ2000年以降急速にその生産能力を拡大した。2000年から2006年の間に生産高は3倍以上に急拡大し、世界の粗鋼生産量の3分の1を占めるようになったが、その後もどんどん生産能力を高めて今日に至っている。

この背景には中国経済の高度成長に伴う鉄鋼製品への国内需要の増加があるが、それだけではなく政府は「鉄鋼大国」をスローガンに掲げ、土地の無償提供、国営銀行からの超低利融資、手厚い補助金、税制上の優遇措置など、様々な形で支援して、中国の製鉄を世界一の製鉄にしたのだ。

こうして作られたコストの安い鉄は、国内だけではさばききれず、海外にも積極的に販売され、世界の鉄鋼製品の価格破壊を引き起こした。これに拍車をかけたのが2001年の中国のWTO加盟で、海外市場の関税率が低くなったことで、それまで以上に有利に海外で販売ができるようになった。

しかし中国は、WTO加盟時に製鉄業に対する補助金の実態を2年ごとに報告する約束をしたが、なかなかその報告がなく、WTO加盟から5年が経過した2006年になって中央政府の補助金だけの報告があり、地方政府については2016年なってようやく報告がされたが、補助金の全体像はまだ十分に明らかになっていない。この間に中国の製鉄産業はモンスター化した。

こうした中国の輸出攻勢に対して、欧米諸国だけでなく日本、インドネシア、マレーシアなどもWTOのルールに則って一部鉄鋼製品に反ダンピング税をかけて対抗しているが、中国の勢いが止まる気配はない。

また、中国を始めとする世界的な鉄鋼製品の供給過剰問題を議論する場として、製鉄産業を持つ主要33か国が2016年に鉄鋼過剰能力グローバルフォーラムを作ったが、昨年3年間の設置期限を迎えると、中国がこのフォーラムの延長に強く反対したため解散してしまった。

今後米中貿易摩擦や新型コロナウィルスにより中国の景気減速が予想される中で、中国政府は景気を刺激するために鉄鋼を増産し、国内のインフラ投資等で使い切れない分は海外市場に安値で輸出攻勢をかけてくると思われる。そしてさらに、一帯一路政策の下に、中国製品を使うことを条件にした紐付き融資をアフリカやアジアでどんどん使って来るだろう。
この厳しい状況の中で、日本の製鉄会社はこれからもまだまだリストラを強いられると思うが、事態は日本企業の力の及ぶ外で動いていると言わざるを得ない。


中国の国家資本主義の一端
Gage Skidmore/flickr


こうした中で、トランプ大統領が中国に対して大幅な関税をかけたり、WTOを信頼しない姿勢を見せるのは、理解できる。

トランプ大統領は、自由貿易体制の美名の下で中国にいいようにされているとして、WTOからの脱退をほのめかす一方、昨年12月にはWTOの紛争解決機関の最上級審である上級委員会の欠員の補充に反対してWTOの紛争処理機能をマヒさせている。

中国はトランプ大統領のこのような姿勢に対して、自由貿易体制を守ることは重要で、トランプ大統領の保護主義は遺憾だと非難し、EUや日本でも同様の意見が各方面から表明されている。しかし、実効性の不十分なWTOルールはかえって世界に害悪をもたらし、真の自由貿易体制を壊すのではないだろうか。

呉製鉄所の閉鎖をきっかけに、私はトランプ大統領を見直したくなった


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター