FC2ブログ

通販でまたやっちまったぜ!

通販でまたやっちまったぜ!
 通販で1回でも買うと、メールが毎日のように送られてくる。うっかりそれに乗ってしまった。
 ヘリーハンセンのフリースを注文した。17000円余。
通販でまたやっちまったぜ!
 通販で購入すると、月1くらいでカタログが送られてくることが多い。そのうち見ようと思っている内にたまってしまう。ビニールと冊子を分別してゴミ出しするのも一仕事。私も商売をしているので見込客の大切さは十分理解できるが…。段ボールの始末にも困る。
通販でまたやっちまったぜ!
 ハズキルーペのCMを見る度に思う。ハズキルーペは1個1万円以上する。半分以上がCM代ではないか?恐らく本体そのものは千円かそこら。私は半世紀以上メガネをかけていて、10数個は買っている。メガネの上に座ったことなど1度もない。
 CMにしても第1弾は分かる。第2弾は完全に夜の世界。私はサラリーマンのときもほとんど縁がなかった。せいぜい数%。ハズキの社長の世界観において夜の世界は何割も占めるとみえる。なにかしらザラつくものを感じる。
...................................................................................................

通販でまたやっちまったぜ!
 先日、本津川(桃太郎のおばあさんが桃を拾った洗濯場の近く)のすぐ横の農地で7・8人が作業をしていた。写真を撮ろうとカメラを構えたらピースサインをしてきた(恐らく外国人)。
通販でまたやっちまったぜ!
 それが今このようになっている。
通販でまたやっちまったぜ!
 香東川。手前は河川敷。左のイチョウの木辺りは少年野球場。右手(この写真では写っていない)は少年サッカー場。白い建物は国立香川高専。奥は浄願寺山。




 通販でまたやっちまったぜ!


 通販会社からメールが山のように来る。最近は迷惑メールで弾いているが、うっかり乗ってしまった。先日、高松市丸亀町のVANショップに行ったが思っていたような定番品がなかった。VANは昔は一世を風靡したものだが、後継者がアホばかりで今や完全にブランドを毀損してしまった。現在は、LLビーンとライトオン、ユニクロに行くことが多い。

 東京にいた時はLLビーンにはまっていた。吉祥寺、池袋、自由が丘などの店に行っていた。その頃LLビーンのフリースは15000円ほどしていた。それが、ユニクロが原宿に出店し安いフリースを出した途端、LLビーンは店舗網を縮小しだした。現在はかなり盛り返したが、それでも15000円していたフリースが現在は6千円台くらいになっている。

 LLビーンで注意すべきは、同じ商品でもアメリカサイズとジャパンフィットの2種類あること。アメリカのⅯがジャパンフィットではXLに相当する。

 ヘリーハンセンはどうなのだろう?初めてなのでよく分からなかったので大は小を兼ねるとばかりに大きめを注文した。これが失敗。袖が10センチ近く長い。以前、他のメーカーの服が小さすぎたので2回返品した。返品は手間もかかるし、嫌なものである。その時、衣料品は通販では2度と買わないと決めた。

 それがうっかり買ってしまった。何とかしなければ。ゆめタウン高松の中に「マジックミシン」があるはず。2度ほど利用したことがある。ゆめタウンの中を歩き回って、出来上がるまでどこかで1~2時間時間を潰すことを考えるとゾツとする。

 夕方、COOPに食品を買いに行った。COOPの建物とは独立してクリーニング屋さんの小屋がある。念のため袖を詰めることができるか聞いてみると時間はかかると思うができると言う。値段ははっきりしないがと言って、価格表のようなものを見せてくれた。2160円と書いていた。2000円+消費税。結局合計2万円ほどになる。今のままでは着なくなる。補修することにしよう。

 いま家の中ではユニクロのフリースを着ている。10年ほど前に買ったはずであるが、大きさ着心地とも申し分ない。1980円か2480円くらいだったのではないか。袖の補修費≒ユニクロのフリース代。販売数量が圧倒的に違うからね。補修費が高いというよりもユニクロがいかに安いかというべきだろう。

 再び決心した。通販で衣料品は2度と買わないぞ、と。ところで、ZOZOスーツはどうなったのだろう?


以上


 

前川助兵衛物語

黒い報告書  前川助兵衛物語
 前川助兵衛氏
黒い報告書  前川助兵衛物語
 新宿歌舞伎町
黒い報告書  前川助兵衛物語
 新宿歌舞伎町の出会い系バーのホームページ
黒い報告書  前川助兵衛物語
 新宿警察署

.......................................................................................
黒い報告書  前川助兵衛物語
 本津川の亀たち。近ごろ気候がいいのでよく見かける。
黒い報告書  前川助兵衛物語
 本津川のコサギ。一時ほとんど見かけなかったが増えてきた。
黒い報告書  前川助兵衛物語
 本津川のコガモたち。






黒い報告書 前川助兵衛物語


新宿警察署

組織犯罪対策課A刑事…歌舞伎町の防犯カメラの映像を見ながら、
 「おいB、このサラリーマン風のオッサンしょっちゅう見かけないか?」

B刑事 「何年か前から週に2・3回は見かけますね。出会い系バーからよく女の子を連れ出していますよ」

A刑事 「ヒマじゃのう。よく金が続くのう。あの出合い系バーは〇〇組のケツ持ちか?」

B刑事 「〇〇組ですね。フロント企業ではないようです。みかじめ料は月■万円くらいでしょうか」

A刑事 「あのオッサンが何者かちょっと調べてみようか」

    「係長、あのサラリーマン風のオッサンの行確(こうかく:行動確認)をしてみたいんですが?」

係長 「いいだろう。相手は素人だろうから気づかれることはないだろう。Bと2人でやってみてくれ」


 3日後、

A刑事 「係長、あのオッサン、結構大物でしたよ。追尾したら豪邸に帰っていきました。調べたら、名前は前川助兵衛、60歳。文部科学省のキャリアで、No2の審議官です。次は事務次官の可能性があります。祖父と父親は産業用冷凍機メーカーの前川産業を経営し、そこのボンボンです。妹の1人は政治家の嫁になっていて義弟は大臣も経験しています。あの大勲位に連なっています」

係長 「文科省のキャリアかぁ。文科省の事務方トップが出会い系バーにうつつを抜かしていることが新聞や雑誌の記者にでも漏れたらエライことになりかねん。ほっとけんなぁ。よし、まず課長に話して、署長経由で話を上に持っていってもらおう」



新宿警察署署長→→警視総監→警察庁長官→松田官房副長官(警察庁出身)


警察庁長官 「先輩、お久しぶりです。実はちょっとお耳に入れておきたいことがありまして…」

松田官房副長官 「先ほどメールで送ってくれた調査報告書のエロマエの件か?」

警察庁長官 「ええ、日本の教育の元締めが困ったもんです。どっぷり浸かっています。私ら警察のキャリアが泥棒をしたようなもんですから」

松田官房副長官 「お勉強はできるんだがボンボンだからなぁ。世の中、自分の思い通りに動いて当然だと思っているんだろうよ。よし、総理と官房長官と文科相の耳に入れておく。エロマエには私から注意しておく。すまんが、2、3カ月フォローしてまた報告してくれんか」

警察庁長官 「はい、わかりました。これ以上情報が拡散してはマズイので、所轄の新宿署には頼まず、私の配下の者を使います。2、3カ月行確して、結果をご報告します」


松田官房副長官→エロマエ
「君は歌舞伎町の女性のいる店によく行っているらしいじゃないか。教育者の上に立つ人間だよ、注意したまえ」

エロマエ (ガァ~~~ン!!!)



(最近の事件をヒントにした創作です)


 チャンチャン


交通事故?を目撃した


 交通事故?を目撃した


交通事故?を目撃した
 国道11号線・上天神(かみてんじん)交差点。恐らく四国で最も交通量の多い交差点。ここは、地下道、片側3・4車線の道、口の字型で四隅にエレベーター付きの歩道橋、高松自動車道(高速)、の4重構造。
 先日朝、この道を東に向かって直進した。

交通事故?を目撃した
 国道11号線(さぬき夢街道)の太田下町(おおたしもまち)交差点。ここを右折しようとして右端のレーンで止まっていたら、この写真でいえば、サンフラワー通りの軽トラックがいる位置で250ccくらいのバイクが転倒、運転手は上向きで倒れていた。

 この写真でトヨタのハイエースがいる位置に同じくハイエースがいて、そこから30代くらいの作業着姿の青年2人が降りてきて、バイクを起こしてあげた。見事な判断!バイクの青年(20代の男性?)がバイクにまたがったところまでは見た。この間1分ちょっとか。

交通事故?を目撃した
 わたしはサンフラワー通りを南下。500メートルほど走ったところでバックミラーに恐らく先ほどの青年を認めた。蛇行しながら走ってきた。黒のフルフェースのヘルメットにジャンパー、バックスキンのような(うす茶色の)ブーツを履いていた。

 バイクは、鹿ノ井(しかのい)交差点の手前でわたしの車の左側から横切って斜めに右折。対向車線から黒っぽいスズキのワゴンRのような軽ワゴン車がきていた。

 そこで、バイクはコテンと右を下にして倒れた。軽ワゴン車は止まり、距離は2~1.5メーター。接触はしていない。わたしの車の前後にはほかの車がいたので、そこまで見届けて南下した。

交通事故?を目撃した
 話はそれるが、この交差点の少し南にある「鹿の井出水(しかのいですい)」。春には必ずここを訪れる。

交通事故?を目撃した
 バイクは①で倒れていた(経緯は知らない)。②で倒れた瞬間は見た。バイクの青年は、蛇行しながらわたしの車の左側から追い抜き斜めに右折、30メートルくらい走ってまた転倒した。

 問題は、わたしの車を斜めに横切るとき左側のウインカーを点け続けていたこと(右折だから右を点けるべき)、「直進車(軽ワゴン車)優先」の原則を破ったこと。

 最大の問題は、わずか3分ほどの間になぜ2度も転倒するのかということ。20代の身長170センチ足らずの細身の男性とお見受けしたが、脚が届かないのか、脚力が弱いのか、脳機能に障害があるのか、などが考えられる。また、交通法規をあまり知らず、遵法(じゅんぽう)精神にも欠けていると思われる。


 小一時間、馴染みのカフェでモーニングを食べながら新聞3紙を読んだ。
 考えてみれば、彼を放置すれば交通事故を起こしかねない彼自身も負傷したり死亡しかねない。また、そうなれば事故の相手方にも気の毒である。
 
交通事故?を目撃した
 そこで、すぐ近くの高松南警察署・交通課を訪ねた(不必要な情報ではあるが、この署の地下には射撃場がある)
 出てきた30代の交通課職員に、サンフラワー通りでバイク事故の届けがないか聞いた。いま出動中だという。

 そこで、「交通事故とは思えないが…」目撃したと話し、絵を書いて説明した。免許証をコピーし、わたしが乗っていた車の横にわたしを立たせ写真を撮った。

 これから今の話を元に報告書を作りますが、もし問題があればもう一度来ていただけますか、と言われれたので了承したが、今のところ呼び出しはない。


交通事故?を目撃した

 その後、すぐ近くの目的の県立図書館についたが、樋(とい)等工事中とのことで第一・第二駐車場が使えず、この暑い中、第三駐車場から正面玄関までテクテク歩いた。

交通事故?を目撃した
 香川県立図書館・文書館
交通事故?を目撃した
 台風21号は9月4日午後徳島→神戸を通過。4日夕方の香東川。水は濁り、逆巻いているが実害はないもよう。
交通事故?を目撃した
 ここは潜水橋。2~3日は渡れない。車で10キロくらい走ったが、小枝、葉っぱは至るところたくさん散っているが、大した被害はなさそうである。テレビで見る限りでは、関西国際空港の復旧がどうなるか興味がある。

交通事故?を目撃した
 産経新聞18年6月30日
 関西国際空港は人工島に造られているため日々沈下している。そのためしょっちゅう建物をジャッキアップしたり、堤防のかさ上げ工事をしている。もの入りな空港。



以上


阿波踊り ぜひ1本化を!


 阿波踊り ぜひ1本化を!


阿波踊り ぜひ1本化を!
 朝日新聞18年8月14日

 「徳島市の夏の風物詩『阿波踊り』が12日、開幕した。赤字解消のめどが立たないとして破産手続きが進む市観光協会に代わり、新たに市と徳島新聞社などでつくる実行委員会の主催となった。ただ、利益優先で伝統の『総踊り』を中止させるなどの改革に、人気の阿波踊りグループ(有名連)の団体『阿波踊り振興協会』が反発。演舞場外で独自に『総踊り』をすると表明し、13日夜、強行した」  (佐藤常敬さん、佐藤祐生さん)

 私の知る限り、徳島市側は「利益優先」しているわけではない。「せめて収支トントンにしてほしい」と言っているだけ。これまではどんぶり勘定で累積赤字が4億円以上あるという。説明のつかない支出もあるという。いつまでもこんなことを続けるわけにはいかないのは当然のこと。

 いかにも朝日新聞らしい一方に偏った決め付けた書き方をしているが、まともな大人なら収支を明確にし、「せめて収支トイントン」にする努力はすべきである

 私は徳島市に4年半住んでいた。香川県人として徳島に羨ましいものが2つある。阿波踊り吉野川である。阿波踊りはすくなくとも3回は見た。すばらしいコンテンツである。世界のどこに出しても恥ずかしくない日本を代表する踊りである(ただし、例えば今年他府県から来た大学生などと、小さい時から徳島で育った人、プロの踊り手では雲泥の差がある)。

 私は、最強のコンテンツである阿波踊りが赤字になる筈がないと信じているが、いろいろやってみてもどうしても赤字が出るようであれば、徳島市が例えば年間3千万円とか予算化し、監査もしっかりやればいい。いままでのようなどんぶり勘定では支援すべきではない。

 (私がこのようなことを言うのも、2年前自治会活動をしたからである。自治会連合会などで、収支不明朗な自治会がたくさんあり、中には自治会の金を商売の資金繰りにあて警察沙汰になった人もいるというのを見聞きした)

阿波踊り ぜひ1本化を!

 いずれにしても、観光客、市民、ほとんどの踊り手にとっては関係のない話。観光客・市民は素晴らしい踊りを見聞き(音楽、雰囲気も重要)したいし、ほとんどの踊り手は気持ちよく踊りたいだけ。

 (徳島に4年半いただけの私でも〝ぞめき〟を聞いただけで体が動きそうになる。この写真を見ただけで〝ヤットナー〟という幻聴が聞こえてくる)

阿波踊り ぜひ1本化を!

 幹部は、過去のやり方、今年のやり方などをかえりみて、お互いに歩み寄って、来年はぜひ一本化してほしい。それがみんなの願い。このままでは「阿波踊り」というブランドに傷がつく(隣県人からみて〝なんともったいないことをしよんなぁー〟という感じ)。一本化し、最強のコンテンツである阿波踊りにさらに磨きをかけてほしい。

阿波踊り ぜひ1本化を!
 香川県立図書館・文書館は、お盆休みで、一般人、家族連れ、生徒・学生で満席。

阿波踊り ぜひ1本化を!
 「いきなりステーキ」は間もなくオープン4カ月になるが、いつ見ても10人前後が順番待ちで並んでいる。

阿波踊り ぜひ1本化を!
 香東川の河口から1.5キロほど上流の中州にたくさんのカモメが休んでいる。



以上


郵便ポストが赤いのもみんな安倍が悪いのよ、という人たち

郵便ポストが赤いのもみんな安倍が悪いのよ、という人たち
 朝日新聞18年7月14日3面の大半を使って「豪雨 政権幹部の危機意識は」
 (岡本智、山岸玲、藤原慎一諸氏)バカがご丁寧に「豪雨被害と政府の動き」なる表まで添付している。

 私が編集長なら、社会面3面記事(30数面)のひとつとして3段記事くらいで済ます。これだけの扱いは「安倍打倒は朝日の社是」ならでは。朝日は安部政権のイメージダウンのためなら何でもする。

郵便ポストが赤いのもみんな安倍が悪いのよ、という人たち
 18年7月15日(日)10時~のTBSサンデージャポン。
 TBS(毎日系)は、今まで散々デタラメ印象操作をしていたことを叩かれたためか、一応、「大雨特別警報が出される前日だが…」のキャプションを付けている。
 
郵便ポストが赤いのもみんな安倍が悪いのよ、という人たち
 同上
 同じ7月5日夜には、立憲民主党の手塚某代議士の政治資金パーティが永田町で開かれていた。会費2万円で枝野、蓮舫、野田佳彦諸氏ほか300人くらい集まったとか。このことは誰も何も言わない

郵便ポストが赤いのもみんな安倍が悪いのよ、という人たち
 週刊朝日18年7月27日号
 「室井佑月のしがみつく女」

 郵便ポストが赤いのもみんな安倍が悪いのよ、という人たちの1人。悪いことはすべて安倍のせいにするセンスの持ち主。「……それにつけても金のほしさよ」というのがあったが、「……それにつけても安倍の憎さよ」ばかりの人。

郵便ポストが赤いのもみんな安倍が悪いのよ、という人たち
 同じく週刊朝日には「郵便ポストが赤いのもみんな安倍が悪いのよ」という1人の北原みのり氏が「ニッポンスッポンポン」という偏見に満ち満ちた欄をもっている。

 若かりし頃、靖国神社で全裸で示威行為をしていた人だから、まともな人ではない(それにしても3人とも貧弱なカラダ。どうせ怠惰な生活をしていたに違いない)。

世界が強権化しないことを願う
 朝日新聞18年7月2日

 高橋純子編集委員。この姐さんも「……それにつけても安倍の憎さよ」の人。私は「朝日の3バ〇大将」と呼んでいる。3人ともそれぞれ個人的に精神面で問題があるのではないか。病理学の対象になる。

郵便ポストが赤いのもみんな安倍が悪いのよ、という人たち
 サンデー毎日18年7月29日
 倉重篤郎(くらしげ・あつろう)氏は、ネットで安倍首相相手に「羽織ゴロ」ぶりを晒して散々叩かれたものだから、僅か4万部の週刊誌を砦として毎週「……それにつけても安倍の憎さよ」を叫び続けている。昔はこの種のガラの悪い記者が多かった。ほとんどヤクザ。哀れを催す。

郵便ポストが赤いのもみんな安倍が悪いのよ、という人たち
 朝日新聞18年7月21日

 朝日自身が「野党バラバラ 連合ブレブレ」と言っている。建設的な野党がぜひとも必要。

郵便ポストが赤いのもみんな安倍が悪いのよ、という人たち
 昨日、急いで帰っていたら近くの神社でバックミラーに小さな猫が映っていた。
郵便ポストが赤いのもみんな安倍が悪いのよ、という人たち
 結局、少し引き返して構うことに。





 郵便ポストが赤いのもみんな安倍が悪いのよ、という人たち


 いままで何十回も選挙があったと思うが、私は今までの人生で自民党に入れたことは1回しかない。好き嫌いより変革してもらいたいから、「考える一票」のつもりである。安倍首相にしても好きではない。好き嫌いではなく、世界の荒波の中、日本丸を上手くかじ取りしてもらいたい。それにしても野党はメタメタ。民主党が政権をとった時もデタラメ続きであった。建設的で有能な野党がぜひとも必要である。


 室井佑月氏が、週刊朝日18年7月27日号「しがみつく女」で「赤坂自民亭」を貶(おとし)めるためにこう書いている。

 「今は衛星もあって、被害はある程度、予想される

 私は自分の経験から真っ赤な嘘と断言できる。


 私は2000年、福岡の会社にいた。数年前から高松の母に痴ほうの気が出ていたので高松に帰る必要を感じていた。2001年春会社を辞めて帰ってきた。4月から3年間専門学校に通った。2004年4月、スタッフ6・7人を雇い開業した。

 2001年は台風の多い年であった。高松直撃、もしくはほぼ直撃だけで4つあった。

 1つ目の直撃のときは、私ともう1人のスタッフだけ出勤した。お客様は2人だけであった。暴風雨の中でも来られるお客様がいることにも驚いたが、営業時間中に台風に直撃されるのであれば臨時休業した方がいいことを学んだ。

 2つ目だったかは、前夜9時ごろの気象情報では高松直撃とのことであったので、翌日出勤予定のスタッフには臨時休業する旨を伝え、店の前に貼紙し、電話にもその旨吹き込み、幟(のぼり)などは取り込んだ。

 ところが当日朝7時の気象情報を見ると、台風のコースは高松をそれていた。あわててスタッフに連絡して、出られるスタッフには出勤してもらって通常営業に切り替えた。

 同じようなことがもう一度あり(この時は台風が速度を速めて通り過ぎた)、以後営業するか臨時休業するかの判断は当日朝7時ごろの気象情報に基づくことにした。どちらにしてもスタッフに連絡する必要はある。

 わが家と店は車で20分ほどのところにあり、臨時休業する場合でも、私は暴風雨のなか店に出かけ、店に貼紙、電話に吹き込みなどする必要はある。


 体験的に言って、室井佑月氏の 「今は衛星もあって、被害はある程度、予想される」は真っ赤な嘘である。


 今回も台風7号の影響で長雨が続いた。7月5日夜から6日朝にかけて、寝ている間もスマホが6・7回鳴り、注意報、警報などの情報を逐一知らせてくれた。幸い香川県はほとんど被害がなかった。


 つまり、自然のことはなかなか分からないということ。7月5日夜の「赤坂自民亭」立憲民主党の政治資金パーティ問題はなかった。セーフである。7月6日であれば大問題。アウト。

  
 郵便ポストが赤いのもみんな安倍が悪いのよ、という人たちが、何とか安倍政権を倒したくて、あるいはケチをつけたくて、騒いだだけである。かえって、その人たちの底が知れた。


 人は見た目が9割とか。確かに、脂ぎった中高年のオッサン、オバハンが自足している姿は見よいものではない。それでなくとも政界には揚げ足取りがウヨウヨしているはず。西村康稔(やすとし)官房副長官、気をつけてください。


以上

 
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター